公共ホールのつくり方と動かし方を学ぶ2015
公開講座「文化の居場所」※要事前申込

INFORMATION

  • 2016年1月31日(日)10:00~11:30
  • あうるすぽっと(豊島区舞台芸術交流センター) 3階会議室B

60年代の新宿紀伊国屋、風月堂、原宿セントラルアパート。70~80年代の西武池袋、渋谷PARCO、六本木WAVE。街には文化が息づく、“文化の居場所”がありました。「公共ホールのつくり方と動かし方を学ぶ」夏期集中講座で好評をいただきました講座の第2弾を、どなたでも聴講いただける講座として開講します。

講師

本学21世紀社会デザイン研究科特任教授、公益財団法人セゾン文化財団常務理事
片山 正夫
東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科准教授
毛利 嘉孝 氏

詳細情報

名称

公共ホールのつくり方と動かし方を学ぶ2015
公開講座「文化の居場所」※要事前申込

対象者

これからの公共ホールに関心をもつ方(本学学生、一般)
100名 ※定員に達し次第、募集を締め切ります。

申し込み

お名前・所属・ご連絡先を明記の上、メールにてお送りください。
社会デザイン研究所(川口、藤田、森田)
E-mail:hall-koza@rikkyo.ac.jp
TEL:03-3985-4893

主催

社会デザイン研究所

備考

受講料 無料、要事前申込

イベントレポート