経営学部創設10周年 記念講演会シリーズ
「China and Global Business:China’s Evolving Stance towards FDI」

INFORMATION

  • 2015年11月27日(金)18:30~20:30 ※開催が延期されておりましたが、開催日が決定いたしました。
  • 池袋キャンパス 8号館1階8101教室

経営学部(COB)は社会学部産業関係学科と経済学部経営学科を母体に2006年に創設されて以降、価値観が多様化し急変する現代社会において、明確なビジョンと高潔さを有し、持続可能な社会の構築に向けて、経営学に関する専門知識を生かしつつ国の内外でリーダーシップを発揮する人材を育成することを目的に教育研究活動を行なってまいりました。とくに国際経営学科では、経営教育と英語教育の融合を図ってまいりました。
創設10周年を記念して講演会シリーズを開催するにあたり、米国における中国ビジネスの研究で第一人者として高い評価を得るとともに、この秋から本学の提携校である華東師範大学で教鞭をとられるBlanchard教授にご登壇いただいて、英語による講演会を開催します。中国への直接投資をめぐる中国政府と企業の対応の変化を軸に、これからの中国とグローバル・ビジネスについてご講演いただき、これからの国際経営について考える示唆をいただきます。使用言語:英語(同時通訳あり)

講師

華東師範大学教授・国際政治経済論担当
Jean Marc Blanchard 氏

カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ペンシルバニア大学よりPh.D.。サンフランシスコ州立大学准教授、上海交通大学教授・同副学部長を経て、2015年度より本学の提携校でもある華東師範大学の教授、S.H. Wong Center for the Study of Multinational Corporations所長。Journal of Chinese Political Studies (JCPS)編集委員、Association of Chinese Political Studies前会長。

詳細情報

名称

経営学部創設10周年 記念講演会シリーズ
「China and Global Business:China’s Evolving Stance towards FDI」

内容

中国の高度成長を支えてきた、日本を含む海外からの直接投資は、これからどうなるのか。中国経済の発展段階、政府の直面する課題、企業の動向、のそれぞれからは何が言えるか。その結果、中国への直接投資はどのような変化がおこり、中国経済の今後にどう影響するか。グローバル・ビジネスの焦眉のテーマである中国の動向について、当該分野で世界的な研究を続ける第一人者より講演をいただき、質疑応答と議論を行う。

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

経営学部

お問い合わせ

学部事務4課 

経営学部担当 TEL:03-3985-4772

イベントレポート