ドキュメンタリー映画『何を怖れる フェミニズムを生きた女たち』上映会&松井久子監督講演会 ※要事前申込

INFORMATION

  • 2015年10月3日(土)13:30~16:30
  • 池袋キャンパス 7号館1階 7102教室

講師

映画監督・プロデューサー
松井 久子 氏

1946年東京出身。早稲田大学文学部演劇科卒。雑誌ライター、俳優のマネージャー、テレビドラマ・ドキュメンタリー番組のプロデューサーを経て、1998年『ユキエ』で映画監督デビュー。2002年には2作目『折り梅』が劇場公開。全国で自主上映会が活発に行われ、2年間で100万人の動員を果たした。2010年11月全国劇場公開。2013年春から、アメリカをはじめ世界各国で公開される。2015年2月、初のドキュメンタリー映画『何を怖れる フェミニズムを生きた女たち』が公開され、内外で高い評価を得ている。

詳細情報

名称

ドキュメンタリー映画『何を怖れる フェミニズムを生きた女たち』上映会&松井久子監督講演会 ※要事前申込

内容

【映画概要】 
70年代初頭にウーマンリブが始まった頃、彼女たちはまだ20代、30代だった。己れの生きにくさにもがき、社会に向かい、「NO」と叫んでいた。あれから約半世紀の間、女たちは、自己と社会を肯定すべく、つよい意思をもって生きてきた。老年期を迎えた今もなお、みずみずしくフェミニズムを生きている。
彼女たちは、時代に何を遺そうとしてきたか?次の世代に何を伝えようとしているのか?
「ユキエ」「折り梅」「レオニー」の松井久子監督が、フェミニストたちの証言でつづる、ドキュメンタリー映画。上映時間110分。

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
定員:250名

申し込み

参加申し込みフォームよりお申込みください。(事前申し込みは前日まで受付)

主催

ジェンダーフォーラム

備考

お問い合わせ

ジェンダーフォーラム事務局

TEL&FAX:03-3985-2307 E-mail:gender@rikkyo.ac.jp

イベントレポート