公開講演会「一般相対性理論誕生100年記念市民講演会」@立教大学

INFORMATION

  • 2015年10月22日(木)17:00~19:30
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール

2015年にアインシュタインの一般相対性理論は誕生100年を迎えます。これを記念し、JGWC(日本重力波コミュニティ)が中心となって「一般相対性理論誕生100年記念市民講演会」を全国の複数の大学で実施します。 立教大学もこのイベントに参与し、下記のとおり公開講演会を開催します。

講師

大阪市立大学大学院理学研究科教授
石原 秀樹 氏

理学博士(広島大学、1985年)。京都大学理学部助手、京都大学総合人間学部助教授、東京工業大学理学部助教授を経て2001年より現職。一般相対性理論の理論的研究をおこなっている。

大阪市立大学大学院理学研究科教授
神田 展行 氏

博士(理学)(大阪大学、1993年)。東京大学宇宙線研究所文部教官助手、宮城教育大学教育学部助教授を経て2002年より現職。専門は重力波実験。重力波の検出を目指したKAGRA計画に参加している。

詳細情報

名称

公開講演会「一般相対性理論誕生100年記念市民講演会」@立教大学

内容

《プログラム》
17:00-17:10 挨拶
17:10-18:00 「一般相対性理論について(仮題)」石原 秀樹 氏(大阪市立大学教授)
18:00-18:50 「重力波の観測について (仮題)」神田 展行 氏(大阪市立大学教授)
18:50-19:15 質疑応答

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

一般相対性理論誕生100年記念市民講演会委員会、JGWC

共催

理学部

お問い合わせ

立教大学理学部

小林 努 e-mail: tsutomu[at]rikkyo.ac.jp
※[at]を@に置き換えてください。

イベントレポート