公開講演会「How Billy Budd Grew Black and Beautiful: Versions of Melville in the Digital Age (ビリー・バッドは如何にして美しき黒となりにしか—デジタル時代のメルヴィル)」

INFORMATION

  • 2015年7月3日(金)18:30~20:00
  • 池袋キャンパス 本館2階1203教室

米国を代表する作家ハーマン・メルヴィルの遺作、『ビリー・バッド』に焦点を当て、その黒人表象を精査する。何段階にも及ぶ作者の改稿プロセスを丹念にたどることで、「流動的テクスト」としてある文学作品の意味を探るとともに、そのプロセスを一望するための電子ツール(Melville Electronic Library)がもたらす新たな読みの可能性を開示する。使用言語:英語(通訳なし)

講師

John Bryant(ジョン・ブライアント)氏

米国ホフストラ大学英文科教授。シカゴ大学にて博士号取得。1990年、米国メルヴィル協会の機関誌、Melville Society Extractsの責任編集者に就任し、2006年、メルヴィル研究の専門誌Leviathanの創設に尽力。2014年まで同誌の責任編集を務めたメルヴィル研究の牽引者。主著に、Melville and Repose: The Rhetoric of Humor in the American Renaissance(オックスフォード大学出版局、1993年)、「流動的テクスト」論を提唱したThe Fluid Text: A Theory of Revision and Editing for Book and Screen(ミシガン大学出版局、2002年)、その理論を応用したMelville Unfolding: Sexuality, Politics, and the Versions of Typee(ミシガン大学出版局、2008年)など。現在、新たなメルヴィルの評伝、Herman Melville : A Half Known Life の出版を準備中。

詳細情報

名称

公開講演会「How Billy Budd Grew Black and Beautiful: Versions of Melville in the Digital Age (ビリー・バッドは如何にして美しき黒となりにしか—デジタル時代のメルヴィル)」

対象者

本学学生、大学院生、教職員、一般
※申込不要、入場無料

主催

文学部文学科英米文学専修

備考

詳しいチラシはこちら

お問い合わせ

学部事務1課(英米文学専修担当) 

TEL:03-3985-2517

イベントレポート