連携講座「池袋学」<春季>
セゾン美術館の日常-前衛の拠点として
※要事前申込

INFORMATION

  • 2015年7月4日(土) 14:00~16:00
  • 東京芸術劇場 B2F リハーサルルームL

1990年代から、新しい、池袋という町の活気とにぎわいと、先端の文化をつなぐ、前衛の拠点として活動したセゾン美術館の日常の日々を、当時、まだ駆け出しキュレーターとして東奔西走しながらも、「日本の眼と空間」、「バウハウス1919−1933」、「イサム・ノグチと北大路魯山人」、「柳宗理のデザイン」など数々の刺激的な展覧会を企画してきた新見隆氏が、展覧会企画に関わった学芸員の視点から振り返ります。

講師

武蔵野美術大学芸術文化学科教授、大分県立美術館館長
新見 隆 氏

詳細情報

名称

連携講座「池袋学」<春季>
セゾン美術館の日常-前衛の拠点として
※要事前申込

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
定員:70名(申し込み先着順)

申し込み

要事前申込。
以下URLよりお申し込みください。
http://s.rikkyo.ac.jp/ikebukuro

※申込受付フォームに記載する個人情報の取り扱いについて
参加のお申込みに際して入力いただいた情報は、以下の目的にのみ利用します。
1.講座参加者の確認
2.会場変更などの場合の緊急時のご案内
3.参加申込数などの統計資料作成
集収した個人情報は、「プライバシーポリシー:立教学院における個人情報の取扱について」に基づき、厳重かつ適切に管理いたします。あらかじめ本ポリシーをお読みいただき、ご了承の上ご回答ください。
※入力フォームはユミルリンク㈱によるサービス「Cuenote」を使用しています。

主催

東京芸術劇場×立教大学

協力

NPOゼファー池袋まちづくり、立教大学ESD研究所 

後援

豊島区

備考

受講料 1,000円(資料代として)
※立教生は無料(当日受付で学生証をご提示ください)

お問い合わせ

立教大学教学連携課 TEL:03-3985-2204
東京芸術劇場事業調整係 TEL:03-5391-2116
ikebukurogaku@ml.rikkyo.ac.jp

イベントレポート