統計教育大学間連携ネットワーク、社会情報教育研究センター公開講演会
「新たな統計教育への挑戦」※要事前申込

INFORMATION

  • 2015年3月10日(火)14:00~16:30
  • 池袋キャンパス 5号館1階 5121教室

社会情報教育研究センターは、文部科学省平成24年度大学間連携共同教育推進事業「データに基づく課題解決型人材育成に資する統計教育質保証」の一環として、統計教育大学間連携ネットワークと共催で、米国において統計教育の改革を唱え推進している専門家を招聘し、下記公開講演会を開催します。

詳細情報

名称

統計教育大学間連携ネットワーク、社会情報教育研究センター公開講演会
「新たな統計教育への挑戦」※要事前申込

内容

開会挨拶 14:00~14:05

▽1部:講演 14:05~14:55 質疑 14:55~15:15
講演タイトル:「高大連携を意識した英語教育の改革」
講演者:松本 茂(本学経営学部教授、グローバル教育センター長)
概要:統計教育において、学校レベルから大学まで新たな動きや改革が推進されているが、すでに同様の動きが英語教育で「使える英語」への改革として推進されてきた。統計的思考力や使える統計力の育成を目指す際の参考のため、使える英語へと舵を切った英語教育の改革の推進者である松本氏の講演と質疑を行う。

休憩:15:15~15:30

▽2部:講演 15:30~16:15 質疑 16:15~16:30
講演タイトル:「Teaching Introductory Statistics From a Bayesian Perspective」
講演者:Jim Albert 氏(Department of Math. and Stat. Bowling Green State University Professor)
概要:Jim Albert氏は、Bowling Green State UniversityのDepartment of Mathematics and Statistics教授。2014年のアメリカ統計協会の統計教育セクションのセクション長を務めるなど、統計教育研究の第一人者。また、ベイズ統計やスポーツ統計を専門とし、特に野球統計に関しては数多くの著書論文がある。なかでも「Curve ball」は翻訳本も出てセーバーメトリクスを日本に最初に紹介した書籍として有名。今回の講演では、ベイジアンの立場からの初等統計教育のあり方についての考えを示し、議論を行う。
使用言語:英語(通訳なし)

対象者

教職員、学生、一般
※要事前申込、入場無料

申し込み

社会情報教育研究センターWebサイトより申込

主催

統計教育大学間連携ネットワーク、社会情報教育研究センター

お問い合わせ

社会情報教育研究センター事務局

TEL:03-3985-4459 Email:csi-info@rikkyo.ac.jp

イベントレポート