公開シンポジウム「高校世界史教科書記述・再考 研究者の視点から」

INFORMATION

  • 2015年3月4日(水)13:15~18:00
  • 池袋キャンパス 11号館3階 A301教室

本公開シンポジウムでは、高校世界史教科書の記述をめぐって、問題点と今後の可能性を論じる予定である。最初に、東南アジア史の研究者として第一線で活躍する一方で、高校世界史教育についても積極的に提言を続けている桃木至朗・大阪大学大学院教授に基調講演をいただく。その後、ヨーロッパ(小澤実)・中国(上田信)・アメリカ(貴堂嘉之氏)の専門家が、自らの経験と教科書分析に基づく事例報告を行い、しかる後に討論を行なう。なお報告者のいずれも高校世界史教科書の執筆者である。

詳細情報

名称

公開シンポジウム「高校世界史教科書記述・再考 研究者の視点から」

内容

13:15~13:25 趣旨説明

13:30~14:30
「新しい世界史叙述と歴史学入門を目指して~阪大史学系の取り組みから」
桃木 至朗 氏(大阪大学大学院文学研究科教授)

14:45~15:15
「高校世界史教科書における中世ヨーロッパの位置」
小澤 実(本学文学部史学科准教授)

15:15~15:45
「高校歴史教科書における日中関係の記述」
上田 信(本学文学部史学科教授)

15:45~16:15
「高校歴史教科書における〈アメリカ合衆国〉 — 人種・エスニシティ、人の移動史を中心に — 」
貴堂 嘉之 氏(一橋大学大学院社会学研究科教授)

16:30~18:00 討論

《司会》長谷川 修一(本学文学部キリスト教学科准教授)

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

文学部史学科

共催

立教SFR共同研究「グローバルヒストリーのなかの近代歴史学」 立教大学人文研究センター「高等学校世界史教科書の記述についての研究」

備考

詳しいチラシはこちらから

お問い合わせ

学部事務1課 

TEL:03-3985-2479

イベントレポート