公開研究会「ヒッチコック映画の空間と精神 ── ロメール&シャブロル『ヒッチコック』をうけて」

INFORMATION

  • 2015年1月10日(土)13:00~18:30
  • 新座キャンパス 6号館3階 N636教室(ロフト2)

伝説の古典、エリック・ロメール&クロード・シャブロル著『ヒッチコック』(1957)の待望の日本語訳刊行(インスクリプト)を受け、訳者のひとり木村建哉氏をお招きし、立教大学「映像生態学」プロジェクトのメンバーとともに、ヒッチコック映画の魅力を新しい視点から縦横無尽に論じる。

講師

成城大学文芸学部准教授、本学現代心理学部映像身体学科兼任講師
木村 建哉 氏
東京藝術大学大学院映像研究科教授、「映像生態学」プロジェクト学外研究者
筒井 武文 氏
本学現代心理学部映像身体学科教授、「映像生態学」プロジェクト学内研究者
中村 秀之
本学現代心理学部映像身体学科教授、「映像生態学」プロジェクト学内研究者
万田 邦敏
本学現代心理学部映像身体学科教授、「映像生態学」プロジェクト学内研究者
篠崎 誠

詳細情報

名称

公開研究会「ヒッチコック映画の空間と精神 ── ロメール&シャブロル『ヒッチコック』をうけて」

内容

12:45  開場

13:00~ 参考作品上映

15:00~ 発表
(1)木村 建哉 氏(2)中村 秀之

16:30~ 対談
筒井 武文 氏×万田 邦敏

17:30  パネルディスカッション
木村 建哉 氏×中村 秀之×筒井 武文 氏×万田 邦敏×篠崎 誠

18:30  終了予定
共催 現代心理学部

主催

心理芸術人文学研究所

共催

現代心理学部

協力

(企画協力)éditions azert

イベントレポート