平成24年度文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン採択事業
立教大学がんプロ市民公開シンポジウム「切らずに治す放射線がん治療」

INFORMATION

  • 2014年10月18日(土)13:00~16:30(12:30受付開始)
  • 池袋キャンパス マキムホール(15号館)2階 M202教室

立教大学理学研究科では、2008年度より文部科学省がんプロフェッショナル養成プランの補助に基づき、大学院前期課程の学生を対象に医学物理士養成コースを立ち上げ、高精度放射線がん治療の担い手となる医学物理士を育成するべく、教育を行ってきた。また、2012年度からは文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プランからの補助を受け、新たに大学院後期課程の学生を対象とした、医学物理研究コースを立ち上げ、医学物理研究の第一線で活躍できる研究者育成教育を行っている。
しかし、日本において高精度放射線治療の担い手である粒子線治療やIMRT(強度変調放射線治療)に対する認知度は未だ低く、放射線に対する誤解も普及への妨げの一つとなっている。本シンポジウムでは、がんを「切らず」に治す放射線治療最大のメリットをキーワードに、陽子線治療・X線治療および放射線がん治療の高精度化を支える物理学の三分野から講師を招きご講演いただく。それぞれの分野の視点から、一般市民の方々への放射線がん治療についての理解と浸透を目指し、本シンポジウムを企画した。

講師

国立がん研究センター東病院臨床開発センター粒子線医学開発部長
秋元 哲夫 氏

専門は放射線治療。特に陽子線治療における技術開発及び臨床試験を中心に、高精度放射線治療全般に取り組まれている。2011年より現職。作詞家のなかにし礼氏を治療された実績がある。

岩手医科大学放射線医学講座教授
有賀 久哲 氏

専門は化学放射線療法・高精度放射線治療を含む放射線腫瘍学。他に東海村JCO臨界事故及び東日本大震災の放射線事故の対応にあたった経験から、緊急被ばく医療についても取り組まれている。2011年5月より現職。

本学理学研究科物理学専攻特任准教授
洞口 拓磨

司会

本学理学部教授
平山 孝人

詳細情報

名称

平成24年度文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン採択事業
立教大学がんプロ市民公開シンポジウム「切らずに治す放射線がん治療」

内容

13:00~13:05 開会の辞
小泉 哲夫(本学理学部教授)

13:05~13:45 「放射線がん治療を支える物理学」
洞口 拓磨(本学理学研究科物理学専攻特任准教授)

13:45~13:55 休憩(10分)

13:55~14:35 「放射線でがんを治療するということ」
有賀 久哲 氏(岩手医科大学放射線医学講座教授)

14:35~15:15 「陽子線治療を含む高精度放射線治療の進歩」
秋元 哲夫 氏(国立がん研究センター東病院臨床開発センター粒子線医学開発部長)

15:15~15:25 休憩(10分)

15:25~16:25 総合討論
《総合司会》
平山 孝人(本学理学部教授)

16:25 閉会の辞
家城 和夫(本学理学研究科委員長)

対象者

一般の方および放射線がん治療に関心のある教員・研究者・医療関係者および学生
※定員180名、申込不要、入場無料

主催

理学研究科

共催

文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン採択事業

備考

詳しいチラシはこちらから

お問い合わせ

理学部

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-3383 FAX:03-3985-4159
E-mail:science@rikkyo.ac.jp
「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」のWebサイトはこちら

イベントレポート