グローバル・リーダーシップ・プログラム立教大学の教育の特長

グローバルに活躍するために、英語と同等に重要なリーダーシップをスキルとして身につける立教独自のリーダーシップ開発プログラムです(通称:立教GLP)。全学部生が履修できる全学共通科目の積み上げ式プログラムで、実践的、体系的にリーダーシップを修得できます。さまざまな学部・学年の学生が参加し、企業や団体の提示するプロジェクト課題に少人数のグループワーク形式で取り組みます。日本語でも英語でも段階を踏んで成長をしていくことができ、最終的にはグローバルな環境でもリーダーシップを発揮できるようになります。全学部生が対象です。

プログラム概要

立教大学リーダーシップ3要素

一人ひとりがリーダーシップを発揮する

グローバル化の中で私たちは、これまでに解決することができなかった非常に複雑な課題に直面します。そのような時代に求められるのは権限や役職にとらわれず、メンバー全員が強みを発揮し成長しながらチームの目標達成に向けて貢献するリーダーシップです。
グローバル・リーダーシップ・プログラム(立教GLP)では、独自のリーダーシップ3要素を軸とし、受講生それぞれが自分なりのリーダーシップに気づく入門段階から、異文化環境でも効果的に発揮することを目指す応用段階まで、リーダーシップをスキルとして段階的に身につけます。

アクティブに学ぶ授業スタイル

頭でわかっているだけではリーダーシップを発揮することはできません。リーダーシップを高めるためには自ら実践しながら学ぶことが重要です。立教GLP科目の多くでは少人数グループでプロジェクトに取り組みます。議論や発表などのグループワークを通じて、実際にリーダーシップの発揮を試み、有効性を確かめ、様々な場面で発揮できるスキルとしてリーダーシップを身につけます。

“多様性”という視点

語学を身につけるだけではグローバルに活躍することはできません。立教GLPは、“多様性を活かす力”がキーワードであると考えています。受講生は、学年や性別、国籍、文化・生活背景などが異なる様々な学生とチームになってプロジェクト課題やスキル修得に取り組みます。特に英語開講科目(GL111、GL202)では、留学生や海外出身の学生と一緒にグループワークを行います。このような体験を通して、いつでも・どこでも・誰とでも発揮できるリーダーシップを磨くことができます。

企業が直面する課題解決・価値創造に取り組むリーダーシップの入門科目:GL101/GL111の一学期の流れ

Week 1:キックオフ

立教リーダーシップについての座学で学んだ後、リーダーシップ持論を考えます。リーダーシップとはこうあるべき!と自分なりに宣言して、翌週から始まるプロジェクトのグループワークで実際に発揮してみます。
⇒それぞれの理想のリーダーシップを考えて、その獲得を目指します

Week 2:課題発表とチームビルディング

提携企業から出題されるプロジェクト課題と、その解決案を共に考えるチームが発表されます。「成果を出すチームとはどんなチームか」を模索しながら、チーム目標を決め、関係性を構築していきます。
⇒多様な人と成果を出すことができるチームって、どんなチームだろう?

Week 3-8:現状分析と機会発見課題解決案作成

プロジェクト課題を分析するための入門知識を学び、チームで課題に取り組みます。提携企業の状態や他社の事例も分析し、解決の糸口を探り、クリエイティブな解決策を創り出します。
⇒新たな解決案のために問題を分析し、機会を見つけることから

Week 9-10:ポスターセッションとブラッシュアップ

チームごとに考えてきたプランをポスター形式で発表します。フィードバックの方法や活用の方法を学ぶとともに、効果的なプレゼンテーショも学び、予選に向けた準備をします。
⇒チームの現状に合わせてチームワーク、目標の設定も見直そう

Week 11-12:予選・本選新価値提案

チームで作成した解決案を発表し、競います。予選を勝ち抜いたチームは本選で提携企業に対して解決策を提案します。
⇒提携企業も本気。発表に対して鋭い質問が飛びます。学生も自らの考えをぶつけます。

Week 13-14:振り返り

チーム活動と個人のリーダーシップの振り返りを行います。学期の最初に作成した目標と照らし合わせながら1学期間の学びを振り返ります。プロジェクト中のお互いの行動や態度についてフィードバックを行うことで、経験に基づいた自分なりのリーダーシップ持論を更新し、未来につなげます。
⇒誰のどのような行動があったから壁を乗り越えられたのだろう?これから、リーダーシップをどう磨くのか。

これまでの提携企業とプロジェクトテーマ(抜粋)

株式会社ユニリーバ・ジャパン
『ユニリーバ・ジャパンのブランドを活用して、社会をより良くする提案を考えよう』
株式会社スマイルズ
『「PASS THE BATON」のコンセプト:“Pass the Personal Culture”を拡げる、顧客の心が動く、新ビジネスを生み出そう。
BMW Group Japan
“What are millennials' expectations for automobile companies now and in the future? Present products and/or services that an automobile company should provide in 2040.”
株式会社キュービック
『初就職する会社が、自分に合う選択肢!』になるために、『大学生と企業との新たな出逢い方と最高の関係の創り方』を提案せよ。
⇒株式会社キュービックご担当者:学生ならではの柔軟な発想に度々驚かされ、毎回授業が楽しみでした。私たちの声を進んでとりにくる皆さんの前のめりな姿勢が印象的でした。

プログラム詳細

日本語科目

GL101:Project Based Learning(PBL)によるリーダーシップ入門

多様な人たちとプロジェクトを遂行するために、自分の持つリーダーシップについて考えます。企業から出題されるプロジェクト課題に少人数のグループで取り組み、その中でメンバー全員がリーダーシップの発揮を試みます。学期の終わりに振り返りを行い、自分なりのリーダーシップの発揮方法を見つけます。

GL201:質問力を活用したリーダーシップ開発

リーダーシップの発揮と他者理解に役立つ質問力を身につけます。知らない人や上司に対して意見を述べたり、言語の異なる他者を、外国語を使って説得したりするのは難しいですが、そこで役立つのが質問力です。GL201では、アクションラーニングやコーチングという手法を用いて質問力を訓練し、リーダーシップの発揮に役立てます。

GL102:他者のリーダーシップ開発

チームメンバーのリーダーシップを開発することもリーダーシップの一つです。学習理論などを学びながら、受講生自身が直面している問題などを題材にリーダーシップ開発について考えます。ゼミやサークル活動など身近な場面でチームの強化を図る際に役立つスキルを身につけることができます。

GL103:リーダーシップ・コミュニケーション

リーダーシップを発揮する際に有効なコミュニケーションのあり方について理論と実践から学びます。また、効果的なコミュニケーションを可能にする深い他者理解の重要性を学び、その具体的方法について考えます。グループワークの中で、自分なりのコミュニケーションを実践し、他者との関係を構築するために役立つ力を身につけます。

英語科目

GL111:Introduction to Leadership

様々な背景を持つチームメンバーと共に、企業から出題されるプロジェクト課題に取り組む中で、よりよい成果を上げるための自分なりのリーダーシップについて学びを深めます。授業は英語で実施されるため、世界を舞台に活躍するときに役立つリーダーシップについて体験的に学び、実践する機会となります。

GL202:Leadership through Inquiry

多様な人と協働するときに必要となるコミュニケーション能力の1つが「質問する力」です。言語やチームメンバーの多様化が進んでも質問力が発揮できるように、問いの力を高めるための手法や関連する理論について学びます。授業内での実践を通して、英語環境でのプロジェクトでも自分から貢献ができる力を身につけます。

GL301:Practical Training as a Leader (リーダーシップ海外体験科目)

グローバル教育センターが指定する海外学習プログラムに参加し、リーダーシップの発揮に挑戦し成長の必要性を体感します。GL301の海外体験が、次なるリーダーシップ学習へとつながるきっかけになるかもしれません。また、自身のリーダーシップの有効性を確認し、次の成長ステップを計画する学習機会ともなります。

※海外プログラム体験の中で、自分なりのリーダーシップの発揮にチャレンジします。他のGLP科目を未履修でも受講可能です!異文化環境の中で、今の自分のリーダーシップについてもっと知りたい方にぜひ挑戦してほしい科目です。

GL302:Leadership in a Changing World(権限を得たときのリーダーシップ)

権限を得たときのリーダーとしてのふるまいや考え方について講義、ディスカッション、アクティビティなど多様なワークを通して身につけます。立教GLPで修得した「権限なきリーダーシップ」を振り返りながら、権限を得た時に必要となる倫理観、困難な場面での決断、多様性への対応などについて具体的に議論します。

授業運営体制

立教GLPで活躍するSA(学生アシスタント)
受講生のリーダーシップに関する学びを支援するSAとは?


立教GLPでは、「SA」と呼ばれる学生アシスタントが教員と協働して授業運営を行い、受講生の学びをサポートします。各クラス1名ずつ配置されるSAの役割は、「受講生(主役)のリーダーシップに関する学びを支援する」こと。授業設計から一人ひとりの学習支援まで、SAは受講生のリーダーシップ開発を促す重要な役割を果たしています。
具体的には、受講生を見守るメンター的役割、教員と共に授業運営を行う授業実施者としての役割、学生としての視点を授業に反映させる授業計画・提案者としての役割を担っています。

リーダーシップ実践の場としてのSA経験

立教GLPでのSA経験は、SA自身の能力開発や成長の機会でもあります。
SAは、これまで受講生として関わってきたGLPに授業運営側の立場で参画し、学年や学部、国籍や文化的背景の異なる多様な受講生の学びを支援することになります。その経験の中で、自らのリーダーシップスタイルを実践的に振り返り、GLPでの学びの意義を再確認し、次なるステップに向けて更なる成長を遂げる学習機会となっています。