学生の方へ

キャリアデザイン論(2019年新設科目)

  • 2019年度 春学期 水曜3限
  • 担当教員:翁 理香

社会で活躍し続けるために、計画された偶発的出来事に前向きに挑む、セレンディピティを引き寄せるために自ら動く、与えられた環境で最大限の力を発揮して自らのキャリアを切り拓く方法について一緒に考え、語り、学ぶ科目です。

授業の目標

本科目における目標は、自らが思い描く「キャリア」を切り拓くために-①主体的かつ持続的な就業力の育成②人間形成③社会的自立-について考え、議論を繰り返しながら、自分なりの解を探求することです。
また就職をはじめとした目先のことに囚われすぎず、「将来の夢や目標に向かって一歩踏み出す大切さ」や「豊かな人生観を持つ重要性」について学ぶことも目標としています。

授業の内容

本科目では、以下について学生主体で理論・ケーススタディを用いて学びと気づきを深めていきます。

  • キャリアデザインとは何か、社会で必要とされ続ける人材とはどういう人か(目指す姿)、自己理解形成のために必要な方法理解、課題解決思考(思考方法)など
  • 個人ワーク・グループワーク(ディスカッション・発表)やワークショップを行う等、アクティブラーニングを活用した授業を展開します。そのため、各人の積極的な発言やチームメンバー同士の関り合いが必要になります。

授業計画

1. イントロダクション、キャリアについて考える-キャリアデザインとは?
2. 私たちを取り巻く社会(Work/Life)の実態理解とすべきことについて考える
3. 国内外の事例から考える「仕事」×「キャリア(人生)」
4. 人生100年時代にイキイキと社会で活躍し続けるために必要な力とは?
5. ダイバーシティから考える社会(組織)と自分の在り方
6. 組織(企業)で働くこと、多様な働き方について考える(副業・兼業・起業・フリーランス)
7. キャリアに関する諸理論理解①
8. キャリアに関する諸理論理解②
9. 自己成長と経験(成功・失敗)の関係性(「成長」を自らの言葉で定義してみる)
10. 自分の行動特性・思考特性を知る
11. マネジメント、リーダーシップ、フォローワーシップ
12. 自分にとって「働く意味(意義)」について考える(「働く理由」を再考する)
13. キャリアを切り拓くために必要な要素・方法について(チーム単位で議論し、発表する)
14. 振り返り目標設定と宣言(自らの提供価値について発表する)

授業時間外(予習・復習等)の学習

授業回によってはワークシート/発表資料作成などを課すことがあるため、以下は必須事項とします。

  • 個人/チームとして必要な事前準備(情報収集・整理、議論)と事後学習(不足情報収集・整理、議論、レポート作成など)を行うこと
  • チーム単位で課題に取り組む際はメンバー全員が役割を担うこと

成績評価方法・基準

筆記試験50%
平常点50 % 【出席およびリアクションペーパー(40%) 、課題提出・レポート(10%)】
※原則として全回出席することが必要です。欠席3回でD評価となります。なお、遅刻2回で欠席1回分と見なします。

テキスト

授業内で必要に応じて指示します。基本的には、必要に応じて講義内で適宜プリントを配布します。

参考文献

授業内で必要に応じて指示します。

その他(HP等)

  • ・パワーポイントまたは板書を活用して講義を展開します。また視聴覚教材も活用します。ワークシート作成(個人・チーム単位)、ディスカッション、プレゼンテーションなどアクティブラーニングも実施します。尚、学生の関心に応じて授業計画の順序を入れ替えることがあります。
  • 経済学部キャリア教育サイト「STORY」(https://www.rikkyo.ac.jp/eco/career/story/)の情報発信に目を配るようにして下さい。
一覧へ戻る

学生の方へ

page top