東北の復興を支援するサークルに参加。街の復興を共に喜びながら自分自身の成長も実感できた。

全国から集まった私たちが立教を選んだ理由 「学び」

2018/09/06

立教を選ぶ理由

OVERVIEW

社会学部現代文化学科 冨田 美月さん(愛知県出身 愛知高等学校出身)が立教を選んだ理由について話してくれました。

私が中学1年生のとき、東日本大震災が起きました。当時の私は行動を起こすことができず、大学生になったら東北へ行き何かをしたいと考えていたのです。そこで立教に入学後、東日本大震災復興支援団体であるFrontiersに参加。年に数回、気仙沼市と陸前高田市へツアーで訪問するなど、さまざまな形で復興支援を行っています。

活動の中で、それまでどこか遠い存在だった「東北」が、「また帰ってきたい場所」になりました。陸前高田で出会った現地の方から、「街の復興が進むのを、一緒に楽しみにしてほしい」と言われたことがきっかけです。人のため、東北のためと思い始めた活動でしたが、今は自分の「行きたい」という気持ちを大切に、そして相手のことも懸命に想像しながら、活動を続けています。

なぜ東京へ? なぜ立教へ?

グローバルな視点で行えるボランティアも

立教大学では正課外活動やボランティアセンター主催のプログラム、サークルなど、さまざまな形で学生のボランティア活動を支援していますが、大学内で外国人留学生をサポートする「国際交流ボランティア」や、国連ボランティア計画と連携して学生を開発途上国へ派遣する「国連ユースボランティアプログラム」など、グローバルな視点でのボランティアプログラムも数多く展開しています。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

立教を選ぶ理由

2021/06/24

キャンパスツアーで受験生をサポート
——観光学科で学び、オープ...

観光学部観光学科4年次 栗田 涼音さん