自由の学府奨学金経済支援型の奨学金(入学前申し込み)

本奨学金は、立教大学への入学を志望する首都圏以外(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県以外)の高等学校等出身者で、経済的理由により入学が困難な受験生に対し、入学後の経済支援を行うことを目的とした奨学金です。
入学前に申請を受け付け、採用候補者を決定します。採用候補者は、指定の入試に合格し、入学後に所定の手続きを行うことで奨学生として正式に採用されます。奨学金額は年額50万円(理学部は70万円)で、毎年の申請・審査により2年目以降も継続受給が可能です。

申請資格

次の①~⑤のすべての条件を満たしていること。
  1. 一般入試・大学入試センター試験利用入試
  2. 自由選抜入試、国際コース選抜入試(*GLAPは除く。以下同じ。)、アスリート選抜入試
    *入学前予約型奨学金「立教大学GLAP奨学金」があります。
① 2020年度「自由選抜入試、国際コース選抜入試、アスリート選抜入試」「一般入試または大学入試センター試験利用入試」で立教大学を受験する方
② 日本国籍を有する者、または永住者、特別永住者、定住者、日本人(永住者・特別永住者)の配偶者・子である方
③ 次のいずれかの国内高等学校(中等教育学校等を含む)を2020年3月に卒業見込みの者または2018年4月以降に卒業した方
  イ 東京都、神奈川県、埼玉県および千葉県以外に設置された全日制又は定時制の高等学校
  ロ 通信制の高等学校(ただし、申請者の住民票に記載された住所が、東京都、神奈川県、埼玉県および千葉県以外である場合に限る。)
④ 上記学校(中等教育学校の場合は後期課程)における全体の評定平均値が奨学金申請時点で「3.5以上」である方
⑤ 父母の「最新の所得証明書」記載の収入・所得金額を合算した金額が表の金額に満たない方
※ 父母共にいない場合は、代わりに家計を支えている方の収入・所得金額が表に満たない方
※ 父母の収入金額等を合算後、万円未満の金額は切り捨てします。
※ 「給与・年金収入」と「その他、事業所得」双方ある場合は、それぞれ基準内であることを前提に、提出いただく所得証明書をもとに総合的に審査します。
※ 本制度における「その他、事業所得」とは、営業所得、農業所得、不動産所得のことを指し、それ以外(配当金など)は対象としません。また、対象となる所得がマイナスの場合は「0(ゼロ)」として取り扱うものとし、プラスの所得金額とマイナス所得金額の相殺はしません。

支給金額

年額50万円(給付)
※ 理学部は年額70万円(給付)

支給期間・継続基準

原則として4年間給付
※ 学業成績および収入基準により継続審査を行います。

採用候補者数

一般入試・大学入試センター試験利用入試枠:約490名
自由選抜入試・国際コース選抜入試・アスリート選抜入試枠:約10名

選考方法

申請書類に基づき、家計状況等について審査し、採用候補者を決定します。

申請期間・結果通知時期

申請期間

【自由選抜入試・国際コース選抜入試・アスリート選抜入試枠】
2019年9月26日(木)~10月2日(水)消印有効

【一般入試・大学入試センター試験利用入試枠】
2020年1月7日(火)~1月23日(木)消印有効

結果通知時期

※ 申請者全員に郵送で選考結果を通知します。

【自由選抜入試・国際コース選抜入試・アスリート選抜入試枠】
2019年10月24日(木)発送予定

【一般入試・大学入試センター試験利用入試枠】
2020年2月14日(金)発送予定

募集要項

以下のPDFをダウンロードの上、出願してください。
※自由選抜入試、国際コース選抜入試、アスリート選抜入試を受験し入学を希望する方を対象とした募集は既に締め切りました。

支給方法・支給時期

採用候補者として決定後、本奨学生として正式採用され、奨学金を受けるためには、以下の1~3の条件すべてを満たすことが必要です。なお、本奨学金は入学後の支給となります。

  1. 2020年度本奨学金が指定する入試区分で受験し、合格すること。
  2. 所定期間に入学手続きを完了させ、本学へ入学すること。
  3. 入学後の定められた期間(2020年4月中旬)に所定の手続きを行なうこと。

※ 国が実施する「高等教育の修学支援新制度」の利用を検討している場合、本奨学金との併願は可能ですが、入学後に当該制度の対象者となる場合は、本奨学金との併給制限(支給額の減額や不支給等)を設ける予定です。詳細については、奨学金採用候補者に別途ご案内いたします。

お問い合わせ

この奨学金について(立教大学学生部学生課奨学金担当)