「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ—

その土台となる力を養う「CLIL」英語新カリキュラム特設ページ

立教大学では、全学部で『専門領域を英語で学ぶ』科目(学部EMI科目)を数多く展開しています。このような高度な英語力・思考力が求められる学びへの橋渡しとなるのが「CLIL科目」です。4年間を通じた英語教育の柱の一つでもある「CLIL科目」を中心に、本学の『段階的に英語力を高める仕組み』についてご紹介します。

1年次から着実にステップアップ

学部を問わず、立教大学で学んでいるすべての学生が『学部の専門領域を英語で学ぶ』のは、卒業後に専門性を活かしてグローバルに活躍することを見据えているからです。また、英語力だけでなく、変化の激しい現代社会の中で深く思考し、主体的に行動するしなやかな「生き抜く力」を身につけてもらうためでもあります。

そこで、1年次の英語必修科目から各学部の専門領域に関する内容をゆるやかに取り入れ、大学の4年間を通して、継続的かつ段階的に英語力を高めることができる仕組みを構築しています。

「内容」と「言語」の両方を身につけるCLIL

段階的に英語力を高める仕組みの中で、学部の専門領域を英語で学ぶための重要な橋渡し役を担うのが、2年次以降の「CLIL科目」です。

CLIL(Content and Language Integrated Learning)は「内容言語統合型学習」とも呼ばれ、教科内容(Content)+言語(Language)の学習を組み合わせた教育アプローチのこと。英語をコミュニケーションの道具として使いながら内容について学ぶことで、英語力と深く考える力を自然に発達させることをねらいとしています。

2年次以降の英語自由科目でCLILに基づく授業を展開

立教大学では、全学部生が選択できる2年次以降の英語自由科目でCLILに基づく授業を展開。英語自由科目は「グローバル・コミュニケーション領域」「グローバル・スタディーズ領域」「グローバル・ビジネス領域」という3つの領域に分かれており、それぞれの科目を通して「言語」から「内容」へと徐々に専門性の濃度を高めながら、「学部EMI科目」の履修に向けて土台となる力を養っていきます。

CLILで開講される2年次以降の英語自由科目(一部)

    <グローバル・コミュニケーション領域>
  • Discussion and Debate:1年次必修科目であるDiscussionとDebateを発展させた科目。様々な分野のテーマを取り扱いながら、スピーキング能力やディベートのスキルを磨いていく。
  • Study Abroad Preparation:将来的に海外留学を希望する学生のために、出願要件として必要となることが多いTOEFLやIELTSのスコアを伸ばすなど留学準備を意識した科目。
    <グローバル・スタディーズ領域>
  • Introduction to Global Studies(Humanities / Social Sciences / Natural Sciences):3つの学問領域ごとに科目が設置され、各領域に合ったトピックを扱うことで、専門領域を英語で学んでいくための土台となる英語力を身につける。
  • <グローバル・キャリア領域>
  • Business Speaking:国際社会で活躍するために必要なビジネス英語スピーキング力を育成。レベル別クラスを編成し、それぞれの英語力にあった授業を選択できます。

学生インタビュー~「英語で学ぶ」意義~

CLIL科目の次のステップが、専門領域を英語で学ぶこと。現在、学部の専門科目を英語で学んでいる学生に、その内容を聞いてみました。

英語を使うと、得られる知識の量が格段に増える。

小林 光喜さん
経営学部国際経営学科 4年次
科目名:Business Project
「Business Project」について
経営学部の3・4年次生を対象とした科目で、協力企業から出された課題に多国籍チームで取り組み、英語でプレゼンテーションをします。今回はベトナムのFTU(貿易大学)の学生らとともに、三菱ふそうトラック・バス株式会社様にデジタルトレーニング戦略の提案を行いました。
「英語で学ぶ」ことの意義
チームでアイデアを出し合い、議論を重ね、企画を立てる。こうしたプロセスに英語で取り組むことで、英語を使いこなす力が飛躍的に伸びるのはもちろん、留学や海外就職など、グローバルに活躍するための基礎を築くことができたと感じています。また、異なる文化的背景をもつ留学生との意見交換を通じて、国際的視野も身につきました。英語を使うと世界中の資料や最新の研究にアクセスでき、得られる知識の量が格段に増える点も、英語で学ぶ大きなメリットだと思います。


専門科目を英語で学ぶための準備
2年次の「国際経営論」「International Business」という授業で、まずは日本語で国際経営について学んだあと、同じ内容を今度は英語で習得。そうすることで、スムーズに英語での専門科目に入ることができました。
卒業後の目標
世界で活躍できるビジネスパーソンになることです。そのために日本で社会人としての経験を積んだ後、海外の大学院へ進学して経営をさらに学び、現地で就職したいと考えています。

英語力の向上+議論の場で存在感を放てるように。

清水 千聖さん
法学部国際ビジネス法学科 3年次
科目名:法学特殊講義(Dispute Resolution)
「法学特殊講義(Dispute Resolution)」について
法的紛争の解決手段に関する内容を学ぶ科目で、法学部の2~4年次生が対象です。12名程度で、英語によるディスカッションや実際の紛争解決の場面を想定したロールプレイングを行います。アウトプットの機会が豊富で、自分の考えを積極的に発言・表現できることが魅力です。
「英語で学ぶ」ことの意義
授業のテーマの一つである「裁判手続きのIT化」はコロナ禍の下で重要な課題として注目されていますが、先行して取り組まれている海外の文献には目の覚めるアイデアが詰まっていてワクワクします。また、英語で学ぶ授業には、留学生も含め意欲的な学生が多く、彼らに刺激を受けて「自分もディスカッションに貢献したい」と強く思うようになりました。英語を使って学ぶことで、結果的に英語力の向上だけでなく、議論の場で存在感を放てる自分になれて成長を実感しています。


専門科目を英語で学ぶための準備
1年次の授業「英語ディスカッション」で身につけたコミュニケーションのための実践英語は、2年次に参加したアメリカでの語学研修にも活かすことができ、英語で学ぶための基礎を築くのに非常に役に立ちました。
卒業後の目標
大学での私の成長は、英語を使って学ぶという挑戦をしたからこそ得られたもの。その語学力と国際貿易の知識を基に、国境を越えて人々の暮らしをより豊かにできる仕事がしたいです。

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。