2022年度入学試験における新型コロナウイルス感染症の対応についてAdmissions Response to COVID-19

立教大学では、入学試験(特別入試(総合型選抜等)・一般選抜(一般入試))を実施するにあたり、受験者の方々が安心して試験に臨めるように、新型コロナウイルス感染症への対応として、文部科学省のガイドラインに従って以下の措置を講じます。

また、新型コロナウイルス感染症に関する2022年度本学入試における変更等については、決定次第こちらのページでお知らせします。
出願をお考えの方は、入試要項と併せて本ページで最新の情報をご確認ください。

大学院入試についての対応は、各研究科のホームページをご確認ください。

入学試験における本学の対応

  • 試験会場内にアルコール消毒液を設置します。

  • 試験会場においては、受験者の座席を可能な限り1メートル程度の間隔を空けて配置します。

  • 試験会場内の窓やドアを適宜開け、換気を行います。

  • 各試験室では、飛沫防止パーティション等を設置し、指示・伝達を行います。

  • 各試験日の試験終了後に試験会場内のアルコール消毒を行います。

  • 体調不良者に備え、医師・看護師を配置します。

  • 試験業務に携わる試験監督・係員等については、日ごろから体調管理に努め、マスク着用・手指消毒・体温測定を徹底します。

  • 一般入試においては、2月11日を除き、各試験日において試験開始を午後からとします。

一般選抜の変更

2022年度 一般選抜(一般入試)における新型コロナウイルス感染症に罹患等した出願者の「特別措置」について(2021年7月19日掲載)
新型コロナウイルス感染症に罹患等し、一般選抜(一般入試)を欠席せざるを得なかった方については、大学入学共通テストの成績で合否判定を行う「特別措置」を実施いたします。

特別入試の変更

新型コロナウイルス感染症に罹患等し、特別入試(総合型選抜等)を欠席した場合の対応について(2021年8月30日掲載)
新型コロナウイルス感染症に罹患等し、特別入試(総合型選抜等)を欠席した場合は選考料を返還することとし、「特別措置」の対応や別日程での追試験は実施しません。

外国人留学生入試

外国人留学生入試(異文化コミュニケーション学部 筆記試験および面接による募集制度)における選考方法の変更について(2021年9月21日掲載)
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、異文化コミュニケーション学部で実施する外国人留学生入試(筆記試験および面接による募集制度)の選考方法を変更します。