歴代代表者
(総長・学長・校長)総長紹介

総長は、学校法人立教学院が設置する学校のひとつである立教大学の代表者です。旧制学校時代など1943年以前までは、校長や学長という呼称を用いていたこともありました。

現在の「学校法人立教学院職位職制規程」では、第19条にて総長は選挙に基づいて理事会が任命すること、総長は大学を代表し学長として校務全般を統括することなど、職務について規定しています。また、「学校法人立教学院寄附行為」では総長の任期を4年と定めており、再任されることができるとあるほか、総長は学校法人立教学院の理事としても選任されることを規定しています。
  • 立教大学の前身としては、1874年に立教学校が設立され、1907年には私立立教学院立教大学が設立されました。ついで、1922年に旧制に基づいた立教大学が設立されました。このページでは便宜的に旧制各学校や大学は分けずに代表者を掲載しています。そのため、一部就任年が重複しているところがあります。
  • 各代表者の詳しい就任年月については立教学院史資料センターのページ をご覧ください。

C.M.ウィリアムズ

校長(1874年~1880年)

J.M.ガーディナー

校長(1880年~1892年)

T.S.ティング

校長(1892年~1897年)

左乙女 豊秋

校長(1897年~1899年)

A.ロイド

校長(1897年~1901年)

元田 作之進

学長(1907年~1923年)
※初期は校長

杉浦 貞二郎

学長(1923年~1932年)
※事務取扱期間を含む

C.M.ライフスナイダー

総長(1925年~1931年)

木村 重治

学長(1932年~1936年)

須藤 吉之祐

学長(1936年~1937年)
※事務取扱

遠山 郁三

学長(1937年~1943年)

三辺 金蔵

総長(1943年~1945年)
※事務取扱期間を含む
※初期は学長事務取扱または総長事務取扱

須藤 吉之祐

総長(1945年~1946年)
※事務取扱

佐々木 順三

総長(1946年~1955年)

松下 正寿

総長(1955年~1967年)

菊井 維大

総長(1967年)
※事務取扱

大須賀 潔

総長(1967年~1970年)

平井 隆太郎

総長(1970年~1971年)
※事務取扱

佃 正昊

総長(1971年~1975年)
※事務取扱期間を含む

尾形 典男

総長(1975年~1982年)

高橋 健人

総長(1982年~1986年)
※事務取扱期間を含む

牛窪 浩

総長(1986年)
※事務取扱

浜田 陽太郎

総長(1986年~1994年)

塚田 理

総長(1994年~1998年)

大橋 英五

総長(1998年~2002年)

押見 輝男

総長(2002年~2006年)

大橋 英五

総長(2006年~2010年)

吉岡 知哉

総長(2010年~2018年)

郭 洋春

総長(2018年~現在)