Global Liberal Arts Program (GLAP)の教育目的と各種方針立教大学の教育目的と各種方針

GLAP 学位授与方針

教育目的

『自ら考え、行動し、世界と共に生きる「グローバル・リーダー」』を育成すること。
「グローバル・リーダー」とは、どのような立場や環境にあっても自身の持つ力を最大限に発揮しながら周囲と協働することができ、かつ豊かな感受性と知性を有し、他者を尊重し寄り添う中で、世界の新たなあり方を見据え、自ら考える能力と人間性を備えた人材のことである。

学修成果

「学士(学術)」を授与される学生は、以下のような能力を有する。
  1. 課題に正面から向き合い、問題の本質を論理的に解明するための柔軟な思考力を身につけることができる。
  2. 幅広い知識と教養を有し、自身の行動を批判的に内省し、実践することができる。
  3. 異なる文化及び習慣を持つ人々と適切な人間関係を構築し、協働することができる。
  4. 英語によるプレゼンテーション、ディスカッション、論文執筆を高いレベルで行うことができる。
  5. 自律的に考え、様々な分野・問題において学び続け、実践し続けることができる。
  6. 言語Aの学修によって、聞く・話す・読む・書くという基本的技能にもとづいて、状況に応じて適切なコミュニケーションができる。さらに、英語圏の文化のみならず、英語を通して得た国際的な知見によって、多様な文化を理解し、対応できる。また、自分の専門領域の内容を英語で学ぶ基礎が身につく。
  7. 言語Bの学修によって、聞く・話す・読む・書くという基本的技能にもとづいて、日常生活における基本的なコミュニケーションができる。さらに、当該言語圏の文化のみならず、その言語を学ぶ過程で獲得した多元的な視点を通じて、異文化を理解し、対応できる。また、留学生については、大学での学修に必要とされる高度な日本語運用能力を養うとともに、実社会のコミュニケーションに対応できる実践的な日本語力を身につける。

学修環境

上記のような学修成果をもたらすために、以下のような学修環境を提供する。
  1. GLAPのカリキュラムは原則すべて英語かつ少人数(1学年20名程度)で提供する。
  2. 入学から2年次春学期までは、全員が留学生と混住する寮で生活し、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ機会を提供する。
  3. 入学時より、アカデミック・アドバイザーとして教員が各学生の担当者となり、各学期の履修科目の相談、留学先の検討、学習方法の相談を適時行う。
  4. 1年次春学期の「Tutorial」(学びの技法)では、最大5人という少人数での文献講読、エッセイ作成、発表及びディスカッションの機会を提供する。
  5. 「Liberal Arts in Higher Education」(学びの精神)及び「GLP基礎科目(リーダーシップ教育)」、海外協定校等から派遣された教員による「GLAP夏季短期集中プログラム科目」等の科目を通じ、リベラルアーツを学ぶ上で基礎となる能力を身につける機会を提供する。
  6. すべての学生が、1年次より人文科学、社会科学及び自然科学等の様々な分野に関する科目を受講できる「英語リベラルアーツ(ELA)科目」を提供する。
  7. 2年次秋学期から1年間、GLAP生全員を対象とした「Study Abroad」を実施する。留学先は、リベラルアーツ校を中心とした海外協定校とする。
  8. 3年次秋学期から4年次は、主としてGlobal Studies Electivesの3つのフィールド「Humanities」「Citizenship」「Business」の提供科目から、各自の興味・関心に合致するフィールドを選び、学習、研究を進める。
  9. 3年次秋学期から4年次の提供科目は少人数かつGLAP生以外の学部生・留学生の参加も原則可能であり、学部の枠にとらわれない、より多様な環境で学ぶことができる。
  10. 正課だけでなく、正課外での学びとして、寮生活でのGLAP生・留学生との交流を通じた学び、授業をサポートする形での学び(SA活動)等、授業以外にも様々な学びの機会を提供する。
GLAP 教育課程編成の方針

GLAPの教育目的

『自ら考え、行動し、世界と共に生きる「グローバル・リーダー」』を育成すること。
「グローバル・リーダー」とは、どのような立場や環境にあっても自身の持つ力を最大限に発揮しながら周囲と協働することができ、かつ豊かな感受性と知性を有し、他者を尊重し寄り添う中で、世界の新たなあり方を見据え、自ら考える能力と人間性を備えた人材のことである。

教育課程の編成と特色

GLAPの教育課程は、学士課程における修業年限4年間を「導入期」「形成期」「完成期」の3期に区分し編成している。各期のねらいは以下のとおりである。
導入期は、「Tutorial」(学びの技法)、「Liberal Arts in Higher Education」(学びの精神)、「GLP基礎科目(リーダーシップ教育)」、「英語リベラルアーツ(ELA)科目」、「言語教育科目」などで構成し、リベラルアーツを学ぶうえで基礎となる知識と技法、英語運用能力を身につけることができる。
形成期は、「Global Studies Essentials」の3科目において、完成期の学びの中心となる「Global Studies Electives」の各分野の基礎となる知識を学ぶとともに、「Second Year Seminar」における少人数のゼミ形式の授業での議論や発表を通じ、さらにコミュニケーション能力や批判的思考力、表現力を高める。そして、2年次秋学期からの1年間の海外協定校での留学研修「Study Abroad」において、導入・形成期に身につけた能力を、留学という異文化体験の場で実践的に活用することで、異なる文化及び習慣を持つ人々と適切な人間関係を構築し、協働する能力を向上させ、海外の大学でさらにリベラルアーツの学びを深めることができる。
完成期は、海外留学研修からの帰国後、「Global Studies Electives」として、3つのフィールド「Humanities」「Citizenship」「Business」から、各自の興味・関心に合致するものを選択し、集中して学ぶとともに、選択した以外のフィールド科目を履修することで、特定の分野にとらわれない複合的な知識と能力を向上させ、GLAPでの学びの総括となる「Graduation Paper」の執筆につながるよう設定している。

GLAPのカリキュラムの構造

教育課程の構成

GLAPの教育課程の卒業要件は124単位であり、履修区分に応じて以下の科目群に分けられている。
  1. 必修科目(48単位)は、以下の科目区分で構成する。
    言語教育科目(言語A)6単位 言語教育科目(言語B)4単位
    Tutorial(学びの技法)4単位 
    Liberal Arts in Higher Education(学びの精神) 4単位
    GLP基礎科目4単位
    Second Year Seminar 2単位 Global Studies Essentials 12単位
    Final Year Seminar 4単位  Graduation Paper 8単位
  2. 選択科目(60単位)は、以下の科目区分で構成する。
    英語リベラルアーツ(ELA)科目 20単位
    GLAP夏季短期集中プログラム科目 2単位
    Study Abroad 24単位   
    Global Studies Electives 14単位
  3. 自由科目(16単位以上)は、卒業要件単位数を超えて修得したGLAP選択科目、全学共通科目言語自由科目、学びの精神、多彩な学び、スポーツ実習、各学部専門教育科目、5大学間単位互換制度(f-Campus)、留学認定科目などで構成される。


GLAPでは、1年次よりすべての科目を英語で展開することで、英語での思考力、コミュニケーション能力を向上させるとともに、リベラルアーツに対する理解を深める。また、「導入期」の1年次から「形成期」前半となる2年次春学期においては、権限がなくとも発揮できるリーダーシップスキルを修得し、「形成期」後半となる2年次秋学期からの1年間の海外留学研修でこれらの能力を実践的に学ぶ場を得る。その後、「完成期」においては、自身の興味・関心に応じたフィールドを選択し、リベラルアーツを学ぶ中で身につけた能力を基に、より学びを深めることができる、リベラルアーツを柱とした4年間の教育課程を編成している。
言語教育科目では、必修科目として言語A(英語)と言語B(ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・朝鮮語・ロシア語・日本語から1言語を選択)の2言語を課している。さらに学修を深め、新しい言語に挑戦するための言語自由科目(10言語)を開講している。  
少人数クラスでの「聞く・話す・読む・書く」の基本的技能の訓練を通じて、当該言語による専門的または日常的なコミュニケーションを可能にし、異文化対応能力を育成する。

「学修成果」と、科目群もしくは科目との関係

  1. 課題に正面から向き合い、問題の本質を論理的に解明するための柔軟な思考力を身につけることができる。
    「Tutorial」(学びの技法)「Liberal Arts in Higher Education」(学びの精神)「Second Year Seminar」「Final Year seminar」など
  2. 幅広い知識と教養を有し、自身の行動を批判的に内省し、実践することができる。
    「Global Studies Essentials」「英語リベラルアーツ(ELA)科目」「Global Studies Electives」など
  3. 異なる文化及び習慣を持つ人々と適切な人間関係を構築し、協働することができる。
    「GLP基礎科目」「Study Abroad」「GLAP夏季短期集中プログラム科目」など
  4. 英語によるプレゼンテーション、ディスカッション、論文執筆を高いレベルで行うことができる。
    「Tutorial」(学びの技法)「Study Abroad」「Global Studies Electives」「Final Year Seminar」「Graduation Paper」など
  5. 自律的に考え、様々な分野・問題において学び続け、実践し続けることができる。
    「Study Abroad」「Final Year Seminar」「Graduation Paper」
  6. 言語Aの学修によって、聞く・話す・読む・書くという基本的技能にもとづいて、状況に応じて適切なコミュニケーションができる。さらに、英語圏の文化のみならず、
    英語を通して得た国際的な知見によって、多様な文化を理解し、対応できる。また、自分の専門領域の内容を英語で学ぶ基礎が身につく。
  7. 言語Bの学修によって、聞く・話す・読む・書くという基本的技能にもとづいて、日常生活における基本的なコミュニケーションができる。さらに、当該言語圏の文化のみならず、その言語を学ぶ過程で獲得した多元的な視点を通じて、異文化を理解し、対応できる。また、留学生については、大学での学修に必要とされる高度な日本語運用能力を養うとともに、実社会のコミュニケーションに対応できる実践的な日本語力を身につける。
GLAP 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育目的

『自ら考え、行動し、世界と共に生きる「グローバル・リーダー」』を育成すること。
「グローバル・リーダー」とは、どのような立場や環境にあっても自身の持つ力を最大限に発揮しながら周囲と協働することができ、かつ豊かな感受性と知性を有し、他者を尊重し寄り添う中で、世界の新たなあり方を見据え、自ら考える能力と人間性を備えた人材のことである。

教育活動

教育内容

GLAPのカリキュラムは、「導入期」「形成期」「完成期」の3段階で形成される。
1年次の「導入期」は、「Tutorial」(学びの技法)、「「Liberal Arts in Higher Education」(学びの精神)、「GLP基礎科目(リーダーシップ教育)」等の科目を通じ、コミュニケーション能力、批判的思考力、表現力等を身につける。加えて、「英語リベラルアーツ(ELA)科目」において、人文科学、社会科学及び自然科学等様々な分野に関する学びを深める。
また、寮生活や正課外での体験を通じ、主体性を持って様々な人々と協働して学ぶ態度を養っていく。
2年次から3年次春学期までの「形成期」は、「Global Studies Essentials」の3科目において、完成期の学びの中心となる「Global Studies Electives」の各分野の基礎となる知識を学ぶとともに、「Second Year Seminar」における少人数のゼミ形式の授業での議論や発表を通じ、さらにコミュニケーション能力や批判的思考力、表現力を高める。そして、2年次秋学期からの「Study Abroad」において、全員が1年間、リベラルアーツ校を中心とした、質の高い学部教育を提供する協定校へ留学する。異なる文化・習慣に触れ、異質な他者と共に学ぶことにより、自らの可能性を発見し、コミュニケーション能力を向上させるとともに、国境を超えた幅広い人的ネットワークを形成する。
3年次秋学期から4年次にかけての「完成期」は、「Global Studies Electives」として3つのフィールド「Humanities」「Citizenship」「Business」の提供科目から、各自の興味・関心に合致するものを選び、集中して学ぶとともに、選択した以外のフィールド科目を履修することで、特定の分野にとらわれない複合的な知識と能力を向上させ、「Graduation Paper」の執筆につなげることができる。各科目は少人数科目であるとともに、原則GLAP生以外の学部生・留学生の参加であるため、学部の枠にとらわれない、より多様な環境で学ぶことができる。

指導体制

1学年の定員は20人、かつ授業も原則すべて少人数のため、きめ細かい個別指導が行き届く教育環境を提供できることが特徴である。また、アカデミックアドバイザー制度やオフィスアワーを導入し、学業や大学生活について常時相談が可能である。
2年次秋学期から3年次春学期の1年間、全員を対象とした留学を実施するが、留学に向けた準備・指導はアカデミックアドバイザーを中心に、入学直後から継続的に行う。留学中の指導については、担当教員を中心に行う。
GPA制度を導入し、学業相談をはじめ、留学先選考、奨学金の選考などに利用する。

指導法

「Tutorial」(学びの技法)は統一シラバスによって、教育目標の徹底を図る。
GLAPの開講科目については、原則すべてが少人数制の授業となり、教員と学生、また学生同士のコミュニケーションを促進させ、ディスカッションを重視し、アクティブ・ラーニングの手法を取り入れた授業を行う。また、授業だけではなく、寮生活での学びや正課外活動など、体験をベースとしたプログラムを実施し、学びにつながる気づきの機会を提供する。1年間の留学体験、帰国後の「Global Studies Electives」での学びを通じて、得た知識をより深化し鍛えることで、生涯にわたって活用できる「知性」と「思考」を身につける機会を提供するため、適切な指導を行う。

入学者に求める知識・技能・態度・体験

知識

高等学校における外国語(英語)、国語、地理歴史、公民の各教科の内容を理解していることが必要です。また、数学、理科、芸術など幅広い教科に関心を持っていることが望まれます。

技能

授業は原則英語で行われますので、自分の専門分野の技術的な議論も含め、抽象的な話題でも具体的な話題でも複雑な文章の主要な内容を理解でき、母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやりとりができるくらい流暢かつ自然であり、幅広い話題について明確で詳細な文章を作れる英語力を持っていることが望まれます。
また、コンピューターの基本的な操作をマスターしていることが望まれます。

態度

高い倫理観を有し、多様な文化的背景や生活体験を有する人たちと良好な人間関係を構築し、共同的に作業ができる素地があることが望まれます。また、言語・芸術など人間の営為全般に関する興味・関心があり、それらを学問的に探求しようとする意欲と志を持つことが望まれます。

体験

海外渡航経験はなくとも問題ありませんが、学外における英語活動に関わったり、英語を使用する機会に数多く触れた経験を持っていることが望まれます。

入学前学習

本学のREO(Rikkyo English Online)を活用して英語の学習に取り組むとともに、指定校推薦入学・関係校推薦入学・国際コース選抜(GLAP)入試合格者に対しては、GLAP推薦図書リスト(合格者に送付)から興味のある本を選んで読むことをお奨めします。