キリスト教学研究科の教育目的と各種方針立教大学の教育目的と各種方針

キリスト教学研究科 学位授与方針

教育研究上の目的

「キリスト教学研究科は、文学部キリスト教学科における一般的ならびに専門的教養の上に、キリスト教学を研究し、その深奥を究め、かつ、キリスト教に基づいて人格を陶冶し文化の進展に寄与することを目的とする。」
以下は、この目的を前提とした学位授与方針である。

学位授与方針

博士課程前期課程キリスト教学研究コース

博士課程前期課程キリスト教学研究コースの教育目標を下記の通り定め、本課程に2年(4学期)以上在学して所定の単位を修得し、かつ研究指導を受けた上、修士論文を提出してその審査および最終試験に合格した者に、修士(神学・文学)の学位を授与する。

  1. 高度に専門的な知識を用いて日本語および外国語の文献を読み解き、内容を分析総合する能力、あるいはフィールドワークを通して的確で客観的な調査を行う技能を身につけ、学的世界の中での自らの位置を知る。
  2. 自らの知見を、他者に客観的かつ説得的に伝達するための論理構築と表現技法を身につける。
  3. 自らの学問的営為や成果を踏まえながら、現代社会において出会うであろう多様な事態に対して臨機応変に対応できる、柔軟な発想力を身につける。

博士課程前期課程ウィリアムズコース

博士課程前期課程ウィリアムズコースの教育目標を下記の通り定め、本課程に1年(2学期)以上在学して所定の単位を修得し、かつ研究指導を受けた上、研究課題報告書を提出してその審査および最終試験に合格した者に、修士(実践神学)の学位を授与する。

  1. 専門的な知識を用いて日本語および外国語の文献を読み解き、内容を分析総合する能力、フィールドワークを通して的確で客観的な調査を行う能力、あるいは教会音楽などキリスト教に関わる多様な技能を身につけ、各人が所属するキリスト教に関連する諸組織において、それぞれの所与を生かした奉仕を行う力を身につける。
  2. 自らの知見を、他者に客観的かつ説得的に伝達するための論理構築と表現技法を身につける。
  3. 自らの学問的営為や成果を踏まえながら、キリスト教界あるいは現代社会において出会う様々な事態に対して臨機応変に対応できる、柔軟な発想力を身につける。

博士課程後期課程

博士課程後期課程の教育目標を下記の通り定め、本課程に3年(6学期)以上在学して所定の研究指導を受けた上、博士の学位申請論文を提出してその審査および最終試験に合格した者に、博士(神学・文学)の学位を授与する。ただし、優れた研究業績をあげた者については1年(2学期)以上在学すれば足りるものとする。

  1. 博士課程前期課程において培った、キリスト教に関わる諸学の研究、調査、思考方法を十分に使いこなしつつ、未知の問題の発掘や、既知の問題に対する新しい接近法・解決法の発見を行い、その結果として、新しい問題群や学問領域を開拓できる高度な研究能力を身につける。
  2. 自ら切り開いた知見を、それにふさわしい新しい表現スタイルによって、説得的に表現できる能力を身につける。
  3. キリスト教に関わる諸学を基盤としつつ、さらに関連する学問領域に対して、広く深く理解しかつ発信できる能力を身につける。
キリスト教学研究科 教育課程編成の方針

教育研究上の目的

「キリスト教学研究科は、文学部キリスト教学科における一般的ならびに専門的教養の上に、キリスト教学を研究し、その深奥を究め、かつ、キリスト教に基づいて人格を陶冶し文化の進展に寄与することを目的とする。」
以下は、この目的を前提とした教育課程の編成・実施方針である。

教育課程の編成・実施方針

博士課程前期課程

前期課程を修了するためには、学生は30単位を取得し、指導教授を定め、その指導のもとで修士論文あるいは課題研究報告書を作成しなければならない。そのうち22単位以上はキリスト教学研究科設置の共通科目(必修4単位)、基礎共通科目(4単位以上)、および専門科目から修得する。また、本学他研究科、平和・コミュニティ研究機構、協定を結んでいる他大学大学院等で修得した単位のうち、8単位を限度として修了に必要な単位にあてることができる。

博士課程後期課程

後期課程を修了するためには、学生は指導教授(正副各1名)を定め、その指導のもとで博士論文を作成しなければならない。在学中は指導教授との相談のうえ、博士課程前期課程その他の学科目を履修することができる。また各年度の初めに研究計画書を提出し、各学期の終わりに研究報告書を提出することが義務づけられている。課程博士として博士の学位申請論文を提出する場合、それに先立って博士論文中間報告書を提出し、論文執筆のための構想・論旨について報告し、指導を受けることとなっている。
キリスト教学研究科 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育研究上の目的

「キリスト教学研究科は、文学部キリスト教学科における一般的ならびに専門的教養の上に、キリスト教学を研究し、その深奥を究め、かつ、キリスト教に基づいて人格を陶冶し文化の進展に寄与することを目的とする。」
以下は、この目的を前提とした学生の受け入れ方針である。

学生の受入れ方針

博士課程前期課程

キリスト教学研究コース

本課程は、文学部で修得したキリスト教学またはその関連領域の、一般的ならびに専門的教養と外国語文献の読解力のうえに、批判的精神(自らの責任で真理性を検証する態度)と鋭利な問題意識をもって、キリスト教学における諸分野を研究する意志を持つ学生を受け入れる。

ウィリアムズコース

本課程は、キリスト教界における実践的活動によって得た知見のうえに、批判的精神(自らの責任で真理性を検証する態度)と鋭利な問題意識をもって、キリスト教学の諸分野を研究する意志を持つ学生を受け入れる。

博士課程後期課程

本課程は、博士課程前期課程で修得したキリスト教学の諸領域における高い専門能力と外国語文献の活用能力のうえに、キリスト教学の諸分野において、自立した研究者に相応しい高度で独創的な研究を行おうとする学生を受け入れる。
キリスト教学研究科として求める教員像と教員組織の編成方針

1.研究科として求める教員像

キリスト教学研究科として求める教員は、本学の建学の精神及び教育の理念を踏まえ、キリスト教学研究科の「学位授与の方針」、「教育課程編成の方針」、「入学者受入れの方針」を理解し、本研究科における教育を担当するにふさわしい教育上の能力と教育研究の成果を広く社会に提供することにより社会の発展に寄与する能力を有する者とする。

2.教員組織の編成方針

キリスト教学研究科は、「教育研究上の目的」を実現するために以下の点に留意し、研究力の更なる向上を念頭に置きながら、「学位授与の方針」、「教育課程編成の方針」に基づいた教員組織を編成する。

教育研究上の目的

キリスト教学研究科は、文学部キリスト教学科における一般的ならびに専門的教養の上に、キリスト教学を研究し、その深奥を究め、かつ、キリスト教に基づいて人格を陶冶し文化の進展に寄与することを目的とする。

必要教員数

  • ①大学院設置基準にもとづき、適切に教員を配置する。
  • ②収容定員における教員1人あたりの学生数に配慮した教員組織を編成する。

  • 教員構成

  • ③教員組織の国際性に留意するとともに、特定の範囲の年齢、性別に著しく偏ることのないよう多様性に配慮する。

  • 主要授業科目の担当

  • ④主要授業科目については原則として教授又は准教授が担当する。

  • 教員の募集・採用・昇格

  • ⑤教員の募集・採用・昇格に関する全学の任用規程及び文学研究科人事検討員会に準ずるキリスト教学研究科内の申し合わせによって適切な運用をおこなう。
  • ⑥募集・採用・昇格にあたっては、テニュアトラック制度を活用するなど若手教員の育成にも配慮する。

  • 教育内容の改善のための組織的な研修等

  • ⑦「立教大学ファカルティ・ディベロップメントに関する規程」及び「文学研究科FD委員会規則に準ずるキリスト教学研究科内の申し合わせ」にもとづき、個々の教員及び教員組織としての様々な活動全般に関わる能力の開発をおこなう。