データサイエンス教育・研究推進さまざまな取り組みのご紹介

現代社会では、ビッグデータや大規模調査データをはじめ、多種多様なデータが氾濫しており、その中に潜む情報を正しく読み解くスキルが求められています。本学におけるデータサイエンス教育・研究の中枢を担う社会情報教育研究センター(CSI)では、調査(Research)・情報(Information)・統計(Statistics)という3つのスキルを活用した教育研究活動を行い、「データサイエンス力の高い人材育成」と「データリテラシー高度化支援」を全学的に展開しております。

統計・社会調査系科目の提供

学部生ならびに大学院学生向けに統計・調査に関連した科目を全学的に提供しています。オンデマンド授業での授業受講も可能な科目も設置しています。

社会調査士資格取得支援

一般社団法人社会調査協会が認定する「社会調査士」「専門社会調査士」の資格取得を支援しています。資格取得に必要な単位科目の認定申請を一元化して行うとともに、学部学生・大学院学生の相談・申請をサポートしています。

社会調査士ページ

統計学習コンテンツ・ソフトウェア開発

学習 ・ 研究生活をサポートする自学自習用コンテンツや統計ソフトウェアを開発しています。
・統計学習コンテンツ
・統計検定 ・ 統計調査士対策コンテンツ
・統計関連ソフトウェア

統計学習コンテンツ

調査・研究コンサルティング

大学院学生・教職員・学内組織に対して、調査・研究コンサルティングを行っています。 調査・統計技法を活用して、日々の研究活動を生かしたいというニーズに応じて相談業務を行っております。

調査・研究コンサルティングページ

統計関連セミナー

■統計活用 ・ 分析セミナー
「統計分析セミナー」 は、統計的分析手法や統計ソフトウェアの利用方法を実際の社会調査データを使って実践的に学びます。また、「統計活用セミナー」では統計学習コンテンツを活用し、 公的統計データを使った分析を行います。 統計初心者から上級者まで満足できるセミナー内容です。

■統計検定 ・ 統計調査士対策セミナー
近年受験者が多くなってきた統計検定・統計調査士対策セミナーも開催しています。 各級毎の対策を試験直前に実施し、 合格を目指します。 また、統計調査士対策セミナー開催は大学初の試みです。

セミナー情報

統計検定情報

既存データの利活用支援

■立教大学社会調査データアーカイブ(RUDA)
全国の大学 ・ 研究機関で実施された学術的かつ統計分析可能な社会調査データを収集・整理・保存し、「立教大学 社会調査データアーカイブ RUDA(ルーダ)」 として公開しています。

■公的統計情報の二次的利用支援
学術研究や高等教育への利用を図るため「匿名データの作成 ・ 提供」と「委託による統計の作成」( 「オーダーメード集計」)の制度が整備されています。 本学では在学生による公的統計の「オーダーメード集計」申請支援を行っています。 データ利用申請方法などの相談にも応じています。

RUDAページ

二次的利用支援ページ