【東日本大震災の影響により、中止となりました】
立教大学社会福祉研究所公開講演会
2011年3月12日(土)13:30~17:30

 一般公開
聴講料
無料・申込不要

公開講演会

デンマークの高齢者介護における国家の責任、専門職とNPM(ニュー・パブリック・マネジメント)
State responsibility, professionalization and New Public Management of Elderly Care


講師
ハンナ・マレネ・デール氏(デンマーク・ロスキレ大学 社会・グローバル学部教授)

コメンテーター

大沢真理氏(東京大学社会科学研究所教授)



 デンマークにおける高齢者介護サービスの現状について語っていただく。デンマークでは介護サービスは公共部門が担い、雇用吸収力が高く、女性の雇用機会を拡大する役割を果たしてきた。現在においても、社会サービスは量・質とも世界のトップクラスであるといってよい。だが、社会サービス部門の労働条件は良好とはいえず、様々な問題を呈している。
 これに自由党保守党の中道保守政権のもとニューパブリック・マネジメントの手法が導入され、新たな段階をむかえている。デール教授デンマークの介護労働についてジェンダー視点から分析されてきた。デンマークの現状を知るとともに、グローバル化と福祉国家の持続可能性について考察したい。


聴講無料,申込等不要です。
お問い合わせは、社会福祉研究所事務局まで。


日 時

2011年3月12日(土)13:30~17:30(開場 13:20)

会 場 立教大学池袋キャンパス 7号館 7101教室
池袋キャンパス
キャンパスマップ
定 員 250名
言 語 英語(日本語への通訳あり)
チラシ チラシ PDF
 

ページを閉じる