立教大学社会福祉研究所 公開セミナー
2012年9月15日(土)
10:30〜16:00

第20回 家族援助技術セミナー

スーパービジョン・連携のための解決構築アプローチ  終了しました!
―ソリューション・マップの活用を通して―



講師: 安達 映子

 ソーシャルワークをはじめ対人支援の現場では、サービス利用者・家族との面接のみならず、ケース・マネジメントのための連携や、サービス向上に不可欠なスーパービジョンへの関心が高まっています。本セミナーでは、複数の支援専門職が支援目標を共有したり、スーパービジョンやコーチングの過程に解決構築アプローチ(これまで解決志向アプローチと呼ばれてきたものと同義です)の考え方と技法を応用する方法について学びます。ケアマネージャー支援や就労支援など、多様な状況に活用できる「ソリューション・マップ」演習を通して、解決構築アプローチの展開力を高めることを目的としています。

講師 安達 映子 (立教大学社会福祉研究所特任研究員/立正大学准教授)
日時 2012年9月15日(土) 10:30~16:00
会場 立教大学 池袋キャンパス 5号館5205教室
キャンパスマップはこちら
定員 20名 申込多数の場合は抽選
対象 一般(ソーシャルワーカー他、対人支援専門職)・大学院生・学生
申込み

件名に「家族援助技術セミナー申込み」と明記の上、
①氏 名 ②郵便番号 ③住 所 ④電話番号 ⑤職業 をご記入ください。

ハガキ・Eメール・FAXのいずれかで立教大学社会福祉研究所事務局までお送りください。
※参加の可否をご連絡させていただきます。

受講料 3,000円
 

ページを閉じる