終了いたしました
立教大学社会福祉研究所 公開セミナー
2010年10月16日(土)
10:00〜16:00

第18回 家族援助技術セミナー(アドヴァンスト・コース)
ソーシャルワーカーのための解決志向面接

ツールを活用して家族支援・協働参画を前進させよう




講師: 安達 映子

 本セミナーは、「ソーシャルワーカーのための解決志向面接」を修了された方を対象に、ソリューション・フォーカスト・アプローチ(SFA)をソーシャルワークの文脈においてより強力に展開するためのスキル・アップを目指した中級編です。
 ソーシャルワークでは工夫を求められることの多い、初期介入におけるソリューション・トークを復習した上で、SFAをベースにした協働参画型実践として注目されるサインズ・オブ・セイフティ・アプローチ(SoSA)とそこで活用されるツールや手法(セイフティ・アセスメント、3つの何、3つの家、家族応援会議など)を紹介し、事例を使って演習を行います。
 「SFAには関心があるが、いまひとつ支援の中で活かしきれない」、「もう少し積極的に取り組んでみたい」とお考えのみなさんに、一歩を踏み出すためのきっかけやヒントを提供できればと考えています。


講師 安達 映子 (立教大学社会福祉研究所客員所員/立正大学大学准教授)
日時 2010年10月16日(土) 10:00~16:00
午前の部 * 10:00~12:00 SFAと初期介入/SoSAの手法とツール(講義)
午後の部 * 13:00~16:00 事例を使った演習(演習)
会場 立教大学 池袋キャンパス ミッチェル館1階 セミナー室
キャンパスマップはこちら
定員 10名 申込先着順  定員に達したため、申込みを終了いたしました。
受講資格 ソーシャルワーカー、他対人援助職 (原則として、2009年度・2010年度「ソーシャルワーカーのための解決志向面接 ~家族支援・協働参画を展開しよう」修了者)
申込み

件名に「アドヴァンスト・コース申込み」と明記の上、
①氏 名 ②郵便番号 ③住 所 ④電話番号 ⑤職業 をご記入ください。

ハガキ・Eメール・FAXのいずれかで立教大学社会福祉研究所事務局までお送りください。尚、定員に達した場合は締め切らせていただきます。ご了承ください。

※参加の可否にかかわらず、ご連絡さしあげます。
※本年度の初級コースと同時のお申込みが可能です。
(初級コースの詳細はこちら

受講料 3,000円 (一般、学生とも)
チラシ 第18回 家族援助技術セミナーチラシ (PDF)
 

ページを閉じる