立教大学社会福祉研究所 公開セミナー
2004年10月23日(土)10:30〜16:30

第12回 家族援助技術セミナー

家族面接における“ことば”の力
—援助的コミュニケーションの本質

講師: 佐藤 悦子 ・ 安達 映子

家族内関係(親子・夫婦・祖父母−孫・兄弟関係)が良くなるためには、コミュニケーションが重要だとの認識が一般的にも、臨床界にも定着しています。しかし“良い”コミュニケーションの中身は特定されておらず、“活発な”、“スムーズな”、“ストレートな”等の形容詞は使われていますが、最終的には各人のイメージに任されているようです。
本セミナーでは、コミュニケーションを成立させる“ことば(はなしことば、身体語)”に焦点を当てることで、援助的コミュニケーションの実態を明らかにしていきたいと思います。


講師 佐藤 悦子 (立教大学社会福祉研究所所員/立教大学名誉教授)
安達 映子 (立教大学社会福祉研究所所員/共栄学園短期大学助教授)
日時 2004年10月23日(土)10:30〜16:30
会場 立教大学 池袋キャンパス 5号館1階 第1,2会議室
定員 一般・学生 25名
受講料 一般 5,000円 ・ 学生 3,000円 


受講生の声 〜アンケートより一部抜粋〜
  ・佐藤先生も安達先生も明確なお話でポイントが良く伝わってきた。
  ・理論的な学びと実践的な学びの両方が必要であると思う。その両方を学ぶことが出来た。
  ・セミナー初体験だったが、ガンガン入ってきた。
  ・短期療法を知識として知ってはいたが、それを行う意味など本質的なことを初めて知ることが出来た。
  ・ことばの大切さを実感した。
  ・受け手におけることばという面が興味深かった。

  ・もう少しおふたりの話を聞きたかった。
  ・ロールプレイの時に先生方からコメントが頂きたかった。
  ・もう少し継続的にセミナーを開催して欲しい。
  ・レジュメなどで参考文献を紹介して欲しい。
 

ページを閉じる