日本学研究所Rikkyo Institute of Japanese Studies

日本学研究所は、日本学に関する研究・調査、国内・国外の日本学研究者との学術交流の推進、研究に必要な図書・資料・器材の整備・管理、日本学研究の成果の公表、研究会、講演会、講座などの開催など、海外の日本学研究との連携を図り、立教大学を媒体として質・量ともに豊かな研究を推進しています。

概要

日本学研究所とは
立教大学は、近年、外国人の正規留学生、および大学間交流による短期留学生も大幅に増加し、国際交流の面で大きな変貌を遂げつつあります。このような国際化を目指す中で、真の意味での国際交流を深めるためには、日本の言語・文化・思想・歴史・社会などに関する研究、すなわち「日本学」の研究を推進し、積極的に人的交流をはかり、相互理解を深めていかねばなりません。そこで、本学に「日本学研究所」を設置します。海外の日本学研究との連携を図り、立教大学を媒体として質・量ともに豊かな研究を推進します。具体的には次のような事業を行います。

  • 日本学に関する研究・調査
  • 国内・国外の日本学研究者との学術交流の推進
  • 研究に必要な図書・資料・器材の整備・管理
  • 日本学研究の成果の公表
  • 研究会、講演会、講座等の開催
  • 学外の研究者ならびに留学生に対する日本学研究の援助
  • その他研究所の目的達成に必要な事項
日本研究は立教大学全体で担うべき総合的な学際的分野であって、各学部との連携の上に標榜すべきものです。従って、ここに立教大学日本学研究所を設立する意義は大きく、また21世紀へ向けての今後の発展を目指して、積極的にその役割を果たす必要があるでしょう。
所員
所長
佐藤 雄基
立教大学文学部准教授 日本古代中世史

副所長
鈴木 彰
立教大学文学部教授 日本文学

所員
荒野 泰典
立教大学名誉教授 近世日本史

石川 巧
立教大学文学部教授 日本近代・現代文学

上田 信
立教大学文学部教授 中国社会史

老川 慶喜
立教大学名誉教授 近代日本経済・経営史

沖森 卓也
立教大学文学部教授 日本語学

小澤 実
立教大学文学部准教授 西洋中世史

小野沢 あかね
立教大学文学部教授 日本近代史

加藤 定彦
立教大学名誉教授 日本近世文学

加藤 睦
立教大学文学部教授 日本文学

金子 明雄
立教大学文学部教授 日本文学

蔵持 重裕
立教大学名誉教授 日本中世史

小嶋 菜温子
日本古代文学

後藤 雅知
立教大学文学部教授 日本近世史

小峯 和明
立教大学名誉教授 日本中世文学

原 克昭
立教大学文学部助教 日本文学

深津 行徳
立教大学文学部教授 東アジア古代史

藤井 淑禎
立教大学名誉教授 日本近代文学

水口 幹記
藤女子大学文学部准教授 日本古代文学

水谷 隆之
立教大学文学部准教授 日本文学

山浦 清
立教大学名誉教授 考古学

渡辺 憲司
立教大学名誉教授 日本近世文学
研究員
特任研究員
赤羽目 匡由
高 陽
呉座 勇一
園山 千里
疋田 雅昭
BJOERK, Tove Johanna
BENZONI, Maria Matilde
松本 和也
山田 夏樹

研究員
青木 慎一
朝比奈 新
尹 芷汐
飯郷 友康
石川 偉子
石橋 剛
乾 英治郎
岩谷 めぐみ
王 紅国
太田 久元
岡田 薫
金 河沇
倉田 夏樹
後藤 隆基
Żabko-Potopowicz Krzysztof
徐 丹
住友 直子
石 恩京
SETZER, Morgaine Martina
高澤 信子
髙野 慎太郎
髙野 奈保
徳本 文
中村 陵
波木井 優子
橋本 繁
畑中 佳恵
馮 莉
椋棒 哲也
諸岡 重明
吉橋 さやか
李 靜玟
李 勇九

招へい研究員
文 明載(2017年5月1日~5月31日)

イベント・講演会

2017.10.14 第59回研究例会「前近代東アジアにおける術数文化の伝播・展開—ベトナムと日本・中国を中心として—」
日時
2017年10月14日(土)13:30~17:30

場所
立教大学池袋キャンパス 8号館8303教室

講師
PHAM Le Huy(ファム・レ・フイ ベトナム国家大学ハノイ校講師)「ベトナム李朝期の祥瑞について」
佐野 愛子(明治大学大学院博士後期課程)「『粤甸(えつでん)幽霊(ゆうれい)集録』における災異」
佐々木 聡(大阪府立大学・日本学術振興会特別研究員PD)「越南漢籍に見える天文五行占の受容」

総合司会・コーディネーター
鈴木 彰(文学部教授・日本学研究所副所長)

司会・趣旨説明
水口 幹記(藤女子大学文学部准教授・日本学研究所所員)

内容
「術数」とは古代中国で成立した陰陽・五行の数理に基づく吉凶判断であり、前近代を通じて東アジアの国々に広く伝播し、それぞれの社会に深く浸透してゆくことで、それぞれの民族文化の形成にも強い影響を与えた。しかしながら、主に議論されるのは中国での形成・展開の問題であり、「術数文化」の諸国・諸地域への伝播・展開について論じられることはさほど多くはない。そのため、昨年の本研究所第57回例会において、朝鮮半島と日本・中国を射程に入れ、このような「術数文化」を文化交流史・比較文化史の観点から議論をし、引き続き対象を広くもち検討すべきことを確認した。そこで、今回はベトナム及び日本を中心検討対象として、中国文化の周辺地域への伝播・展開の諸相を明らかにする議論の手がかりとしたい。さらには広く「術数文化とは何か」を考える契機としていきたい。

対象
学生、大学院生、教職員、一般

主催
立教大学日本学研究所

共催
日本学術振興会科学研究費基盤研究(B)(一般)「前近代東アジアにおける術数文化の形成と伝播・展開に関する学際的研究」(課題番号16H03466。研究代表者:水口 幹記)

※申込不要、入場無料

お問い合わせ

日本学研究所