2017/05/26 (FRI)

法務研究科(法科大学院)の募集停止について

キーワード:入試・入学

OBJECTIVE.

立教大学大学院法務研究科(法科大学院)の募集停止について

立教大学は、本学大学院法務研究科(以下、「本学法科大学院」)の2018年度以降の学生募集停止について、2017年5月26日の学校法人立教学院理事会において決定し、同日付けで文部科学省に対して報告を行いました。

本学法科大学院は2004年4月に設置されて以来、多方面にわたり法曹を輩出してきました。また、2011年度には本学独自の特色を活かし、観光をめぐる紛争を解決する「観光ADRセンター」を設立し、文部科学省の法科大学院公的支援見直し強化・加算プログラムの「卓越した優れた取組」にも選ばれました。

しかし、近年は志願者数、入学者数とも減少が続き、定員割れの厳しい状況が続いており、また、今後も状況の改善を見込むことは困難と判断し、誠に残念ながら、このたび、2018年度以降の学生募集を停止することにしました。

今後は、2017年度入学生を含む全ての在籍大学院生が修了するまで、その教育・指導体制に万全を尽くし、教育責任を果たしていきます。あわせて、修了生に対しても、引き続き支援していきます。

2017年5月26日
立教大学
総長 吉岡 知哉