分子・細胞レベルで生命の謎に迫る

お知らせ バックナンバー

[2018. 1.15]
生物化学系 末次正幸准教授の研究が、「日経バイオテク」に掲載されました。
[2017.12.15]
生物化学分野、分子細胞生物学分野の助教の公募は〆切りました。ご応募ありがとうございました。 
[2017. 6.16]
第14回 21世紀大腸菌研究会において、生命理学専攻の大学院生・研究員が優秀発表賞を受賞しました。
優秀口頭発表賞(修士部門) 若月晴菜さん(関根研M2)
優秀ポスター発表賞 須藤直樹さん(関根研PD)
[2017. 5.24]
第50回日本発生生物学会年会の総会にて、理学部共通教育推進室 工藤光子特任准教授が表彰されました。6月11日(日)まで開催中の国立科学博物館企画展「卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~」の企画に際したサイエンスコミュニケーターとしての貢献が高く評価されました。
[表彰式の様子] [表彰状]
[2017. 5.19]
生命理学科年次報告(pdf)を更新しました。
[2017. 5.15]
分子生物学系の小田原真樹助教が参加している研究グループによる、葉緑体分裂・増殖時にDNA分配を制御する酵素の発見に関する論文が、米科学誌「Science」に掲載されました。 詳しくはこちら(立教大学プレスリリース)をご覧ください。
[2017. 5.11]
大学院入学試験筆記試験の過去問題を掲載しました。 大学院案内よりご覧ください。
[2017. 4.13]
分子生物学系の榊原恵子准教授の研究成果がJT生命誌研究館の「生命誌ジャーナル」で紹介されました。 陸上植物の世代交代を制御する遺伝子について紹介しています。 詳細は以下のURLをごらん下さい。
http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/092/research/2.html
[2017. 4.11]
「研究室の紹介」ページを一部更新しました。
[2017. 4. 1]
分子細胞生物学分野に、赤羽しおり助教が着任しました。

関係者向けお知らせ

[同窓会]
卒業生の皆さま、連絡先変更などはこちらへお知らせください。近況なども是非お知らせ下さい。

Copyright 2012 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)