「馬場」があった頃の池袋キャンパスへタイムトラベル

写真で見る立教いま・むかし

2018/05/24

トピックス

OVERVIEW

都会的な活気に溢れる池袋キャンパス。現在の雰囲気からは想像し難いですが、戦後のある時期、キャンパスには「馬場」がありました。

(1)1952~53年頃の池袋キャンパス/ 伊藤俊太郎氏 (1953年文・心教卒) 提供

写真1は、1952~53年頃の池袋キャンパスです。「馬場」は、写真左上から右下に通る「立教通り」の北側(写真左側)、二つのグラウンドに挟まれた位置にありました。そもそも戦前の池袋キャンパスは、立教通りの南側だけで、北側上のプールとグラウンドの場所には池袋第五国民学校、下のグラウンドの場所には聖公会神学院がありました。しかし、1945年4月13日に豊島区域を襲った空襲でいずれも焼失し、戦後になって立教の敷地となり、グラウンドやプール、「馬場」として活用されました。
1956年、上板橋から練馬にわたる緑地帯に、立教学院の総合グラウンド「セントポール・グリーン・ハイツ」が建設され、学内外に分散していた体育施設の機能が集約されたのに伴い、「馬場」も池袋から移転しました。そして1959年、池袋キャンパスの「馬場」跡地には6号館が建設されました。一方の「馬場」は、埼玉県に富士見総合グラウンドが完成したのに伴い、1970年に移転。2011年の改修を経て現在も馬術部の練習拠点となっています。

池袋馬場から時計台を望む[1950年]/立教大学体育会馬術部OB・OG会提供

池袋馬場での練習風景[1950年]/立教大学体育会馬術部OB・OG会提供

富士見総合グラウンドにある馬場 [2011年10月]

馬術部厩舎内観[2011年10月]

立教学院展示館

立教学院の歴史と伝統、教育と研究の取り組みを貴重な資料や写真、映像で紹介しています。お気軽にお立ち寄りください。5月26日から7月21日まで、日系人強制収容と日系二世に関する企画展を開催します。

  大学授業期間中 大学長期休業期間中
(夏季・秋季・春季)
月~金 10:00~18:00 10:00~17:00
11:00~17:00 閉館
日・祝日 閉館 閉館

入場無料(どなたでもご入場いただけます)。
※土・日・祝日に実施する各校学校行事によっては開館する場合もあります。
大学一斉休暇期間は閉館となります。 詳細はお問い合わせください。

立教学院展示館事務室 TEL 03-3985-4841
http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/hfr/

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2018/09/19

カンボジア立教会

地域立教会を訪ねて