特別入試についてのQ&Aよくいただくご質問

自由選抜入試

Q1自由選抜入試の出願資格にあてはまるか、確認したいのですが?

自由選抜入試では、各学部において、出願資格が違います。自由選抜入試は、自己推薦型の入試です。受験したい学部の出願資格を確認したうえで、自分が出願資格にあてはまると判断すれば、出願することができます。

Q2自由選抜入試を受験したいのですが、他大学を併願してもよいですか?

立教大学が第一志望であれば、かまいません。

Q3自由選抜入試は総合評価とありますが、そのうち活動内容の評価は何割ですか?

総合評価ですので、それぞれの評価項目に割合を設けているわけではありません。ご自身について、第一次選考および第二次選考で十分アピールできるように、出願書類、筆記試験、面接等の全てに注力してください。

Q4自由選抜入試で合格した後、一般入試で合格した別の学科に進学することはできますか?

できますが、自由選抜入試はその学科を第一志望としている方が対象ですので、望ましいことではありません。

Q5自由選抜入試の面接は、単独面接か、グループ面接ですか?面接時間はどれくらいですか?

面接の内容は「非公開」ですので、お答えできません。

Q6志望学部の出願資格を複数満たしている場合、例えば、スポーツ実績、文化芸術活動実績の両方を満たす場合、あわせて評価してもらえますか?

スポーツ実績か文化芸術活動実績か、どちらか自分のより自信のある方を選んで出願をしてください。選考の課程で、もう一方の活動実績などをアピールすることはかまいません。

Q7自由選抜入試の過去問題が欲しいのですが、書店で販売していますか?

書店では販売していません。入学センターにお問い合わせください(TEL:03-3985-2660)。

国際コース選抜入試

Q1「国際コース選抜入試」とはどういう入試ですか?

グローバル社会に貢献できる人材を育成するコースや、英語のみで卒業要件単位を修得できるコース等での学修を希望する方を選抜することを目的とした入試です。

Q2 「国際コース選抜入試」で出願できる学部・プログラムにはどんなものがありますか?

異文化コミュニケーション学部「Dual Language Pathway」、社会学部「国際社会コース」およびGlobal Liberal Arts Program(GLAP)で募集をおこないます。

Q3異文化コミュニケーション学部の「Dual Language Pathway」とはどんなコースですか?

学部の専門科目を全て英語で修得し、これからのグローバル社会に貢献できる人材を育てるコースです。コース履修者には欧米の大学で授業を受けられる水準の英語能力を求めます。本コースにより卒業する学生には、コースの修了証明書を授与します。

Q4社会学部の「国際社会コース」とはどんなコースですか?

グローバルな視点から日本と海外の社会と文化を理解し、地球社会で活躍する人材を育てるという社会学部の国際化目標を先駆的に追求することを目的としたコースです。 学部英語科目を軸に3学科の専門科目を学生の関心に沿って横断的に履修できます。(所属は入学学科)本入試制度による入学者は2年次以降に本コースで履修します。卒業する学生は「所属学科(国際社会コース)卒」と称します。

Q5Global Liberal Arts Program(GLAP)とはどんなプログラムですか?

立教大学が提案するグローバルリーダー輩出のための新しいプログラムです。詳細は、下記リンク先をご覧ください。

Global Liberal Arts Program(GLAP)

Q6「国際コース選抜入試」では英語の資格試験のスコアが必要ですか?

異文化コミュニケーション学部「Dual Language Pathway」、社会学部「国際社会コース」、Global Liberal Arts Program(GLAP)ともに、コースの求めるスコアのいずれかを取得している必要があります 。

Q7「国際コース選抜入試」の中で併願はできますか?

併願することはできません。ただし、試験日程が重複しない他の入試との併願をすることはできます。

Q8国際コース選抜入試(秋季)でGlobal Liberal Arts Program(GLAP)を不合格となった場合でも、国際コース選抜入試(春季)へ出願することは可能ですか?

可能です。

アスリート選抜入試

Q1団体競技の競技実績で、「正選手」とはどのような意味ですか?大会の初戦に控え選手として出場したような場合でも資格がありますか?

たとえば全国大会の初戦に短時間出場した場合なども、正選手とみなし出願として認めます。ただし、「出場」を資格としているので、選手登録をしただけで出場しなかった場合は出願資格を満たしません。

Q2競技実績の出願資格について、該当する実績が複数ある場合は、どのように出願すればよいのですか?

ご自身が上位だと思う実績を最大で3つまで競技実績証明書へ記載しアピールすることができます。

Q3論文の問題は学部学科ごとに異なりますか?

全学部で共通の問題を使用します。面接は各学部ごとに行います。

Q4第2次選考において、第1次選考は評価の対象になりますか?

最終的な合否は、提出書類、小論文、面接の結果を総合的に判定します。

Q5自由選抜入試との併願は可能ですか?

可能です。一般入試等他の入学試験と併願することもできます。

Q6アスリート選抜入試と自由選抜入試の違いは何ですか?

アスリート選抜入試は主に以下の4点が自由選抜入試と異なっています。
(1)部への入部が必須である。(2)全学部共通の出願資格である(文学科 英米文学専修、国際経営学科、異文化コミュニケーション学科および理学部 各学科は、共通の出願資格に加え別の要件あり)。(3)全学部共通の試験科目である。(4)早期の入試日程である。

Q7アスリート選抜入試は他大学との併願は可能ですか?

立教大学が第一志望であれば、かまいません。

Q8アスリート選抜入試で入学した場合、体育会で活動しなければならないのですか?

体育会への入部が必須です。アスリート選抜入試では、入学後、学業と体育会でのスポーツ活動とを両立させる強い意欲を持つことを出願資格としています。

Q9競技実績証明資料はどのようなものを提出すればよいのですか?

個人の記録または成績が客観的に確認できる資料の写しを提出してください。トロフィーやメダルは証明資料としては一切認められません。大会パンフレットなど、メンバー登録時点の資料は、出場したことを証明できないため、認めません。

Q10北海道の高校生なのですが、「北海道大会」はすべてブロック大会相当と考えてもいいですか?

ブロック大会に含まれない場合があります。出場される大会が他の都府県ではどのような位置付けかを基準にお考えください。
例えば、他の都府県が○○ブロック(関東ブロック等)代表として全国大会に出場する大会の場合は、北海道大会もブロック大会と認めますが、それぞれの都府県代表として全国大会に出場する大会の場合は、北海道大会はブロック大会とは認めません。
判断に迷う場合は入学センタ—へお問い合わせください。

Q11高校の部活動ではなく、クラブチームで出場した大会でも出願資格がありますか?

クラブチームの実績であっても高等学校在学中のものであれば出願資格を認めます。

外国人留学生入試(学部1年次)

出願・試験に関すること

Q1立教大学の外国人留学生入試にはどのようなものがありますか?

学部によって異なりますが以下の2種類があります。

1.筆記試験および面接による募集(異文化コミュニケーション学部・コミュニティ福祉学部)
本学において筆記試験「日本語」と面接を行います。

2.書類選考による募集(異文化コミュニケーション学部を除く9学部)
提出された書類に基づき、学業成績、志望理由、日本留学試験の成績を総合的に評価します(筆記試験や面接はありません)。

書類選考による募集(異文化コミュニケーション学部)
提出された書類に基づき、学業成績、志望理由、日本語能力、英語の成績などを総合的に評価します。日本留学試験の成績を提出する必要はありません。

それぞれの必要書類や出願資格などの入試情報は下記リンク先をご覧ください。

外国人留学生入試 詳細

Q2TOEICやTOEFLのスコアを提出する必要はありますか?

異文化コミュニケーション学部を除く9学部の書類選考による募集に関してはご提出の必要はありません。

Q3「書類選考による募集」では、日本留学試験の成績はどれくらい必要ですか。

書類選考にあたっては、日本留学試験の成績だけでなく、志望理由や学業成績など総合的に評価をするため、一概には言えません。なお、異文化コミュニケーション学部は日本留学試験の成績の提出は不要です。

Q4「書類選考による募集」では、日本留学試験の成績はいつまでが有効ですか?

下記リンク先の出願資格の欄に記載されていますのでご確認ください。なお、異文化コミュニケーション学部は日本留学試験の成績の提出は不要です。

外国人留学生入試 詳細

Q5自分の国で日本留学試験が行われていない場合、どうやって受験すればいいのですか?

日本国内または日本留学試験が実施されている国・地域のいずれかで受験してください。詳細は独立行政法人日本学生支援機構にお問い合わせください。

Q6入試要項はどのように請求できますか?

Web出願となりますので、入試要項を取り寄せる必要はありません。下記リンク先にてよくご確認いただき、ご出願ください。

特別入試 入試要項

入学後に関すること

Q1学費についての情報はありますか?

年度の学費は例年10月中旬に決まります。決定後にはホームページにもアップします。
今年度の学費は下記リンク先に掲載してありますので、参考にご覧ください。
なお、学費は学部・学科によって異なります。

学費・納入金

Q2外国人留学生にも利用できる奨学金や経済支援はありますか?

外国人留学生を対象とした奨学金もあります。また、外国人で入学後の在留資格(ビザ)が「留学」となる私費外国人留学生には、授業料を減免する制度もあります(参考:2017年度は授業料の30%減免<100円未満切捨て>を実施)。
詳細は下記リンク先をご覧ください。

お問い合わせは、池袋キャンパス国際センターまで。(TEL : 03-3985-2208)

外国人留学生向け支援(正規留学生)

特別外国人学生募集情報

Q39月入学(秋入学)はできますか?

大学院では9月入学(秋入学)となる専攻もありますが、学部の方ではありません。

Q4留学生はどれくらいいますか?

下記リンク先をご覧いただき、「留学生数」のリンクをクリックしてください。

情報公開・データ

入試その他

Q1現役生以外(既卒や高卒程度認定試験)が受験できる推薦型の入試制度はありますか?

自己推薦型の入試制度である自由選抜入試の文学部、経済学部、国際コース選抜入試の社会学部・国際社会コース※およびGlobal Liberal Arts Program(GLAP)のみ受験できます。
出願資格等詳細は下記リンク先をご覧ください。
※高卒認定試験では受験できません。

自由選抜入試 詳細

国際コース選抜入試 詳細

Q2スポーツ推薦制度はありますか?

「アスリート選抜入試」があります。オリンピックをはじめとする国際大会に出場した者や、各種全国大会や地域のブロック大会で高い成績を収めた者などを対象に、競技実績だけでなく人格的にも優れ、学業に対する高い意欲をもつ人材を選抜し育成していくことを目的としています。また、「自由選抜入試」も経営学部、理学部、法学部、コミュニティ福祉学部は、スポーツ活動による優秀な実績があれば出願できます。両者ともに自己推薦型となります。

Q3公募制推薦はありますか?

公募制推薦はありませんが、自己推薦型の入試としては「自由選抜入試」「国際コース選抜入試」を実施していますので、参考にしてください。

Q4AO入試は実施していますか?

AO入試は行っていませんが、「自由選抜入試」「国際コース選抜入試」という自己推薦型の入試制度を行っております。

Q5飛び級で受験・入学することはできますか?

立教大学では大学に入学する年の3月末迄に18歳に達していない方の学部1年次への入学はお認めしていません。

Q6出願書類を持参してもいいですか?

出願書類はすべて郵送で提出してください。窓口では受け付けません。