観光学部College of Tourism

新座キャンパス

OBJECTIVE.

リアリティに満ちた
学びの場を国内外で提供する
オンリーワンの観光教育。

学部の概要

About College of Tourism

地域や国境を越えた旅行やビジネスがますます身近となる現代。生活、文化、経済、それぞれの面において観光の果たす役割が大きくなり、21世紀最大の成長産業とも言われ、その中でこれからの社会をリードする人物が強く求められています。

いち早く観光の重要性に着目し、日本の観光教育の草分けと言われる立教大学の観光学部では、観光を「ビジネス」「地域社会」「文化現象」の3つの切り口を軸に総合的に学びます。また、経営学、経済学、地理学、社会学、人類学などの幅広い専門分野を身に付け、複雑化する観光を多面的に分析する力を養います。これは将来どのような道に進んでも、現代社会を生きるための力となるでしょう。

5年で修士号が取得できる「大学院特別進学制度」

観光学部では、学部入学から通算5年で大学院の前期課程(修士)を修了できる「大学院特別進学制度」を設けています。3年次に選抜試験を通過した学生は、4年次生から学部に在籍したまま博士課程前期課程の履修を始め、大学院進学後の1年間で課程を修了。通常ならば学部4年間と大学院2年間の計6年間が必要となるところ、1年繰り上げて学士と修士の学位が修得できます。

主な学修成果

  • 観光学全般にわたって基礎的な知識を持ち、特定の分野で論理的な分析ができる。

  • 異文化交流としての観光の意義について理解し、実際に実践できる。

  • 現実の諸問題を解決するための総合的な判断能力を持ち、リーダーシップを発揮できる。

  • 観光学科では「観光産業の経営」および「地域の計画」について、交流文化学科では「異文化交流」および「地域の計画」について、専門知識と分析能力が身に付く。