留学生活のサポート立教で学びたい海外の方へ

立教大学に在籍する外国人留学生を対象に様々なサポートを行っています。
学習支援

チューター制度

・外国語論文文章指導
正規課程に在籍する外国人留学生は、指導教員が必要と認めた場合、卒業論文・修士論文・博士論文を提出する年度において、所定の期間、チューターによる論文文章指導を受けることができます。ただし、母語で論文を作成する場合は対象となりません。
・一般指導
大学間協定による協定校からの交換留学生は、アドバイザー・指導教員が必要と認めた場合、週2時間、学部学生または大学院学生によるチューター指導を受けることができます。チューターはアドバイザー・指導教員の指導の下に、学習・研究上の援助を行います。

日本語相談室

日本語教育センターでは、日本語を母語としない学生をサポートするために「日本語相談室」を開設しています。日本語教育を専門とする講師が日本語についての相談を受け付けます。

【相談できる内容】
・日本人と一緒に授業を受けている正課科目のレポート・論文の日本語文章指導
・日本語の学習方法アドバイス
・各種日本語検定試験についての情報、受験に役立つテキストや問題集の紹介
・就職活動のエントリーシートや奨学金申請書などの日本語文章指導
・その他、日本語学習に関するさまざまな支援
  
オンラインで予約可能です。詳しくは下記リンク先を参照してください。

その他の日本語学習サポート

日本語教育センターでは、日本語相談室以外にも、漢字検定、日本語学習図書貸出、オンライン日本語教材提供、スピーチコンテストの開催を通じて日本語を母語としない方の学習をサポートしています。詳しくは下記リンク先を参照してください。
住宅支援

立教大学外国人留学生機関保証制度

本制度は立教大学に在籍する外国人留学生がアパート等の賃貸契約の際に必要な連帯保証人を見つけられないときに、在籍期間に限り立教大学が連帯保証を行う制度です。賃貸契約書の内容が立教大学の条件に合っていることを確認の上、「留学生住宅総合補償制度」に加入すること等を条件に行います。なお、契約条件などによっては本制度を利用できない場合もあります。
詳しくは下記リンク先を参照してください。
留学生と日本人学生の交流について

ボランティアの学生との交流

来日して間もない交換留学生のために、キャンパス案内や役所での登録手続きを日本人学生ボランティアがサポートしてくれます。また、日本語の授業において、会話やディスカッションのパートナーとして、たくさんの日本人学生が参加してくれています。

グローバルラウンジ

学内における国際交流の拠点として、キャンパス内にグローバルラウンジを設置しています。グローバルラウンジでは、外国人留学生と立教大学の学生が親睦を深めることを目的とした交流行事や、日本文化を体験できる行事などを企画しています。

【代表的なイベント】
  • ワールドカフェ
    外国人留学生と日本人学生が外国語での会話を通じて、異文化理解・国際交流を促進するイベントです。外国人留学生がディスカッションリーダーとしての役割を担い、活発なコミュニケーションのサポートをしています。
  • カントリーフェスタ
    外国人留学生が出身国・地域、文化を紹介するイベントです。他国(地域)および異文化に対する理解を深め、世界に関する知見を広げることを目的としています。
    留学生支援団体
    立教大学には、さまざまな形で留学生の支援を行っている校友組織があります。それぞれの団体では、日本語のボランティアレッスンや日本での生活相談、各種行事の企画、招待などの幅広くサポートを行っています。

    東京セントポールライオンズクラブ

    東京セントポールライオンズクラブは、本学の卒業生を中心に構成されており、留学生も含めた本学学生への支援を幅広く行っているグループです。留学生対象の奨学金、バスハイクや日本語授業の支援など様々な活動を行っています。

    校友会レディスクラブ

    校友会レディスクラブは、本学の女子卒業生で構成されており、海外から立教大学へいらした皆さんのお世話をしてくださるボランティアグループです。日本語ボランティアレッスンや手作り昼食会、日本文化体験、談話室のほか、留学生対象の奨学金募集も行っています。
    祈りの部屋(Prayer Room)
    世界各国からの留学生の受け入れ拡大に伴う環境整備の一環として、2016年4月に池袋キャンパスに「祈りの部屋/Prayer Room」を設置しました。イスラム圏からの留学生を主な利用者として想定していますが、特定の宗教に限定せずに活用されることを目的とした施設です。

    お問い合わせ

    立教大学国際センター