Home > イベント > 昨年度までの開催のイベント> 連続講演会「原発社会に未来はあるか?」第4回

Last Update 2011.05.27

2011年7月8日(金)開催 
連続講演会「原発社会に未来はあるか?」第4回講演会

原発事故後を考える集い-なぜパニックは起きたのか(起きていないのか)
[“Why the panic? or Why not?:a Roundtable from global perspectives”]

東日本大震災と原発事故の影響をグローバルな視点から考える。「東日本大震災・原発事故を
外国(外国人)はどう受け止めたか」という基調報告に続き、多様な専門、背景を持つ本学教員、
国際センター職員が加わり、国際社会の様々な受け止め方、大学の国際化への影響などに
ついて報告していく。

・基調講演:黄盛彬(立教大学社会学部教授)「東日本大震災・原発事故を外国(外国人)はどう受け止めたか」
・パネリスト: 
五十嵐 暁郎氏(立教大学法学部教授)/石坂 浩一氏(立教大学異文化コミュニケーション学部教授)/
マーク・カプリオ氏(立教大学異文化コミュニケーション学部教授)/金 守香氏(エリート日本語学校校長)/
アンドリュー・デウィット氏(立教大学経済学部教授)/武 玉江氏(立教大学大学院法学研究科博士後期課程)/
水上 愛子氏(立教大学国際センター職員)/李 香鎮氏(立教大学異文化コミュニケーション学部教授)/
他 調整中
・日時 : 18:15~21:00
・会場 : 池袋キャンパス 太刀川記念館 3階多目的ホール
・対象 : 学生、教職員、一般
・参加費・申込 : 不要 (学内学外問わずご参加いただけます)
・ご注意 : 18:15~21:00


  PDFダウンロード€ 一覧に戻る