教会音楽研究所Rikkyo Institute of Church Music

教会音楽研究所は、キリスト教にかかわる教育・研究活動の一環として設立され、日本における教会音楽の充実と発展をめざしています。教会音楽に関する研究や資料の収集の他、教会音楽に携わる方の交流や研修の機会を提供するとともに、広く一般の方々に向けたプログラムも展開しています。

概要

ごあいさつ
立教大学教会音楽研究所は1998年に設立され、日本における教会音楽の目標を支えて18年の歴史を持ちます。当時、聖歌隊長であったジェームズ・ドーソン氏が初代の所長となり、2001年、アメリカ帰国後、高橋輝暁氏が10数年引き継ぎました。3代目所長として2014年4月に私が就任しました。今後も日本のキリスト教音楽の手助けや発展させる使命を続けるためにも皆様のご協力を切にお願い致します。

立教大学は教会音楽に長期間献身している組織であり、その聖歌隊の歴史は1919年以来、約1世紀にも及びます。1920年代、最初に設置されたパイプオルガン、今日では100人を超えるチャペル音楽団体(聖歌隊、オルガニスト・ギルド、ハンドベルクワイア)に携わる学生がいます。2013年新設されたチャペル会館には素晴らしいリハーサル室が設けられ、5台のパイプオルガンも存在します。このように非常にすぐれた設備や環境を持つ立教大学は学生だけでなく、日本中のキリスト教会に関連する音楽家達のとって大きな手助けとなるでしょう。

今後も、かわりなく皆様のご支援をお願いすると共に多くの方々に友の会会員となり、研究所主催のイベントに参加して頂ければ幸いです。

立教大学教会音楽研究所所長 スコット・ショウ
教会音楽研究所について
研究所のこれからの活動は、次のように予定されております。

  • 礼拝における音楽のあり方に関する研究
  • 新しい礼拝音楽の創出に関する企画運営
  • 学内外の教会音楽関係者のためのセミナー、ワークショップ、講演会、レッスンなどの企画・運営
  • 学内外の方のための教会音楽に関する教育活動
  • 国内及び国外の教会音楽関係機関との研究交流
  • 宗教音楽に関する資料の収集と公開
  • 宗教音楽の普及に関する事業の企画・運営
  • 礼拝音楽の楽譜の出版
  • その他、研究所の目的に適う事業

以上のうち特に、教会音楽家、聖職者、学生や愛好家のためにさまざまなレベルの実技指導を実施するほか、ワークショップ、セミナーなどの研修プログラムを充実させたいと考えています。

また、教会音楽の関係者だけでなく、キリスト教関係の学校などで教会音楽にかかわる方や愛好家のために、カンファレンスの開催、練習教本の発行、日本語の礼拝式文への新たな楽曲の作曲依頼、さらには、世界的に著名な教会音楽の中心地への研修旅行などの企画も実現していく予定です。

これらの研究および実践の活動とその成果については、ニューズ・レターを発行して広く一般に公開します。ここには、本研究所のことに限らず、学内外に加えて海外の教会音楽に関しても、さまざまな情報を掲載することになっています。
学院のパイプオルガン

ティッケルオルガン(池袋チャペル)

ストップリスト

フィスクオルガン(新座チャペル)

ストップリスト

ベッケラートオルガン(池袋 マグノリア・ルーム)

ストップリスト

所員
所長
SHAW, Scott
(立教学院教会音楽ディレクター/立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊長/立教大学文学部キリスト教学科教授)

副所長
阿部 善彦
(立教大学文学部キリスト教学科准教授)

所員
青木 瑞恵
(日本聖公会横浜教区聖アンデレ教会オルガニスト)

星野 宏美
(立教大学異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科教授)

伊藤 純子
(神戸国際大学オルガニスト/神戸松蔭女子学院大学非常勤講師)

加藤 啓子
(日本聖公会東京教区礼拝音楽委員)

加藤 磨珠枝
(立教大学文学部キリスト教学科教授)

金 大原
(立教大学チャプレン)

LEE, Geonyong
(作曲家、聖歌隊指導者)

宮﨑 光
(立教大学チャプレン)

MORGAN, Steven
(Tokyo Embassy Choir音楽監督)

長畑 俊道
(立教小学校教諭)

那須 輝彦
(青山学院大学文学部比較芸術学科教授/青山学院大学聖歌隊指揮者)

西原 廉太
(立教大学文学部キリスト教学科教授、副総長)

大島 博
(立教大学大学院キリスト教学研究科特任教授)

坂本 日菜
(作曲家/日本聖公会横浜教区聖アンデレ教会オルガニスト)

﨑山 裕子
(立教学院オルガニスト)

佐藤 雅枝
(立教新座中学校・高等学校オルガニスト)

千石 英世
(立教大学名誉教授)

高橋 輝暁
(立教大学名誉教授)

竹原 創一
(立教大学名誉教授)

上田 亜樹子
(立教女学院チャプレン)

プログラム情報

2017.10.03 オルガン特別講座「オルガンとハルモニウムの音楽-フランクとヴィエルヌの作品」※要事前申込
日時
2017年10月3日(火) 18:30~20:00 (18:00開場)

場所
立教学院諸聖徒礼拝堂(立教大学池袋キャンパス)

講師
エルヴィン・ヴィールジンガ氏(ドイツ・ベルリン芸術大学オルガン科教授)

オルガン演奏
﨑山 裕子(学院オルガニスト、教会音楽研究所所員)
立教大学オーガニスト・ギルド生

通訳
スコット・ショウ(教会音楽ディレクター、教会音楽研究所所長、文学部教授)

内容
フランクとヴィエルヌは、オルガンでもハルモニウム(リードオルガンの前身の楽器)でも弾くことができる作品集を多数書き残している。オルガンで弾く場合の音の作り方、ハルモニウムで弾く時の奏法の違い、なぜ二つの楽器のために作品を書いたのか、どのような場で演奏されたのか、など講義をする。また、立教学院オルガニストと立教大学オーガニスト・ギルドの学生数名がいくつかの作品を演奏し、レッスンを受ける。

対象
本学学生、大学院生、教職員、一般

申込
お名前と所属教会を以下メールアドレスまでお知らせください。

主催
立教大学教会音楽研究所(E-mail: music@rikkyo.ac.jp)
2017.10.29 レクチャーコンサート「中世聖歌による〈死から降誕〉—Quiero ver a Dios—」
日時
2017年10月29日(日) 18:30~20:00

場所
立教学院諸聖徒礼拝堂(立教大学池袋キャンパス)

講師
杉本 ゆり氏(ラウデージ東京・指揮者、立教大学兼任講師、聖グレゴリオの家資料室勤務)
須藤 みぎわ氏(古楽器奏者、大妻女子大学非常勤講師、日本テーバーパイプ協会副会長)
坪田 一子氏(古楽器奏者、日本ヴィオラ・ダ・ガンバ協会理事)
上出 朝子氏(ソプラノ・ソロ、聖グレゴリオの家宗教音楽研究所講師)
名倉 亜矢子氏(ソプラノ・ソロ/ゴシックハープ、青山学院大学聖歌隊トレーナー)

実演協力
ラウデージ東京(合唱)、鏑木 綾氏(ソプラノ・ソロ) 、曲淵 俊介氏(打楽器)

内容
教会音楽は、教会の典礼歴と結びついて成立・展開してきた経緯がある。教会は、一年の典礼を通じて創造から救済に至る神の愛の業を伝え、教会音楽は、その霊的内容を日々の典礼に合わせて豊かに表現してきた。典礼歴では11月は死者のための月であり、12月には救い主の降誕を祝う。この典礼歴に合わせて、このレクチャーコンサートでは、中世の聖歌による〈死から降誕〉を取り上げる。中世の聖歌と言っても、グレゴリオ聖歌だけでなく、様々な作者による作品、また、民衆によって歌い継がれたものがある。そうした様々な聖歌の精神世界を、それぞれの成立背景、歌詞の内容、典礼とのつながり、歌唱法などの解説とともに、専門家の古楽器による実演とともに紹介する。また、副題のQuiero ver a Diosとは、アビラの聖テレサの言葉で「私は神を見たい」という人間の究極的な宗教的希求を表現する言葉であるが、教会音楽研究所のレクチャーコンサートとして、中世聖歌の紹介だけでなく、そのうちに、どのような人間の宗教的希求が込められているのかについても考えたい。

対象
本学学生、大学院生、教職員、一般

主催
立教大学教会音楽研究所

※予約不要・入場無料

刊行物

紀要

RICM MUSICA SACRA発刊によせて

立教大学教会音楽研究所は、1998年の設立以来、年2回の »NEWSLETTER«を発行して、教会音楽に関する講演やシンポジウムの記録、解説記事などを中心に、さまざまな情報を掲載してきました。かねてからの念願がかなって、今年度から2回のうちの1回を冊子体に拡充して刊行する運びとなりました。

日本において教会音楽に関する研究成果と情報の発信拠点を目指す本誌 »RICM MUSICA SACRA« の誌名は、当研究所英文名Rikkyo Institute of Church Musicの略記RICMと「教会音楽」を意味するラテン語とで構成されています。英語のmusicがmusica(ムーシカ)に由来することはすぐ分かります。「神に捧げられた」「聖なる」という意味のsacra(サクラ)は、英語ではsacramentという単語に見られます。これは、カトリックの「秘跡」、プロテスタントの「礼典」、聖公会でいう「聖奠」(せいてん)のことです。

»NEWSLETTER« だけではできなかったことも、これからは本誌が加わることで可能になります。楽譜の掲載とその解説にも力をいれられます。本研究所に限らず、学内外、ひいては海外の研究成果なども紹介し、国際的発信も念頭に英文で収録することもできます。とはいえ、アカデミックな研究の世界にこもることなく、宗派にとらわれないエキュメニカルな観点から、日本の教会音楽の充実と発展に役立つような情報を盛り込みます。また、教会音楽に関心のある方はもちろん、本紙を何気なく手に取った方にも教会音楽の魅力が伝わる誌面となれば、これに勝る喜びはありません。みなさんのご支援とご協力をお願いいたします。

立教大学教会音楽研究所所長(2010年度発刊当時) 高橋 輝暁

紀要のご案内

当研究所では毎年1回、RICM MUSICA SACRA(紀要)を発行しております。

友の会会員の皆様への発送のほか、国立国会図書館、立教大学の図書館、全国主要大学の図書館にも保管されています。

最新号

RICM MUSICA SACRA 第4号(2015年3月31日発行)
  • 立教学院オルガン史 﨑山 裕子
  • 人はなぜ歌うのか 阿部 善彦
  • ブラジルにおけるオルガン文化 遠藤 陽平
  • <ウィリアムズコースの研究から>聖歌・讃美歌集の教派間比較研究 川瀬 麻衣
  • <立教大学教会音楽研究所 2013/2014年度活動報告>
  • <立教大学教会音楽研究所2015年度活動予定>
  • 編集長便り

バックナンバーについて

RICM MUSICA SACRA(紀要)のバックナンバーをご覧になりたい方は、研究所までお問合せください。
ニューズレター

ニューズレターについて

当研究所では毎年1回、ニューズレターを発行しております。(第20号よりリニューアルいたしました。)
友の会会員の皆様への発送のほか、立教大学の図書館にも保管されています。

ニューズレターのバックナンバーをご覧になりたい方は、研究所までお問合せください。

最新号のご案内

最新号の内容をご案内しております。

ニューズレター第26号(2015年)
所長ごあいさつ
施設・オルガン紹介:「池袋キャンパスチャペル会館2階、マグノリア・ルームに設置された“新しい”楽器」
定例コラム:「チャプレン便り」、「指揮者便り」、「オルガン便り」
特集 礼拝になぜ音楽が必要か—キリスト教の美学と人間学の観点から—(講演要旨)
日本のキリスト教主義大学の宗教音楽活動紹介
研究所活動報告1:「オルガン講座中級者コース(春学期)」
研究所活動報告2:特別オルガン講座「アングリカン・チャントの奏法」
研究所活動報告3:「教会音楽ワークショップin立教キャンパス」
イベント案内・寄付者名・会員名
日本聖公会聖歌集による聖歌伴奏・アレンジ集(第1巻)
立教大学教会音楽研究所編、日本キリスト教団出版局
A4判、56頁、ISBN: 978-4-8184-5528-3
発売年月:2013年8月9日

長らくお待たせしておりました「聖歌伴奏・アレンジ集」の第1巻がついに刊行されました。多くの皆様にお手に取っていただきたく、ご案内申し上げます。 詳しくは研究所事務局まで、メールにてお問合せください。

【紹介文(教文館ホームページより)】
2006年に刊行された「日本聖公会聖歌集」の各曲を、オルガンで多彩に生き生きと伴奏するための伴奏曲集。
聖歌の最後の節を力強く伴奏するためのラストヴァースやディスカント付きの伴奏、ピアノ用に書かれた聖歌をオルガンで伴奏するためのアレンジ、また一部の讃美歌には一つの讃美歌に二つの伴奏を用意するなど、会衆が喜びを持って高らかに賛美出来るよう工夫を重ねた聖歌伴奏集。全40曲を収録。
巻末に諸教派賛美歌集と共通の賛美歌が分かる「諸教派讃美歌集対照表」を収録。
全10巻予定。
日本聖公会聖歌集による聖歌伴奏・アレンジ集(第2巻)
編者・発行:立教大学教会音楽研究所
発売:日本キリスト教団出版局
ISBN:978-4-8184-5542-9
A4判、66頁
発売年月:2017年7月25日

「聖歌伴奏・アレンジ集」の第2巻を刊行しました。多くの皆様にお手に取っていただきたく、ご案内申し上げます。 詳しくは研究所事務局まで、メールにてお問合せください。

【紹介文(教文館ホームページより)】
2006年に刊行された「日本聖公会聖歌集」の各曲を、オルガンで多彩に生き生きと伴奏するための伴奏曲集。聖歌の最後の節を力強く伴奏するためのラストヴァースやディスカント付きの伴奏、ピアノ用に書かれた聖歌をオルガンで伴奏するためのアレンジ、また一部の讃美歌には一つの讃美歌に二つの伴奏を用意するなで、会衆が喜びを持って高らかに賛美出来るよう工夫を重ねた聖歌伴奏集。
全62曲を収録。

巻末に諸教派賛美歌集と共通の賛美歌がわかる「諸教派讃美歌集対照表」を収録。

友の会

友の会のご案内

友の会のご案内

立教大学教会音楽研究所では「友の会」会員を常時募集しております。

「友の会」は、教会音楽研究所の活動へのご協力をお願いするとともに、教会音楽にこれまで以上に親しんでいただく目的で発足しました。 研究所の活動に関心をお寄せいただく個人を持って組織され、会員の皆様のご協力により維持される会です。

ご入会いただくと、ニューズレターおよび催しのご案内の送付をはじめ、参加費のご優待割引など、さまざまな特典がございます。

入会をご希望の方は、年会費(正会員3,000円、学生会員1,000円)をお振込ください。
ご入金確認後、会員証をお送りいたします。

なお、年会費は4月1日から3月31日の会計年度ごとに処理されます。年度の途中からご入会いただいた場合も、当該年度中の会費として一律に上記の金額でお願いいたします。

皆様のご入会をお待ちしております。

入金先
ゆうちょ銀行
店名:ゼロイチキュウ店
(当座)0062395
リッキョウダイガクキョウカイオンガクケンキュウジョ

三菱東京UFJ銀行
西池袋支店
(普)1854501
リッキョウダイガクキョウカイオンガクケンキュウショ タカハシテルアキ
ご寄附のお願い

ArchangelとAngelの募集

研究所の活動を財政的にご支援いただくために、毎年、定期的にご寄付くださる個人または団体をAngel(天使)として募集いたしております。1口1万円ですが、1年に5口以上のご寄付をくださる方はArchangelとさせていただきます。

なお、年間で1万円を超えてご寄付いただくと、所定の手続きにより1万円を超える分について税制上の優遇措置(課税所得控除等)が受けらけます。この優遇措置をご希望の方は、「教会音楽研究所のため」の指定寄付扱いとなります。

この場合、振込用紙は赤色振込用紙(「立教学院経理課募金係」名の口座)を用いて、郵便局または振込用紙裏面に記載の銀行からご送金くださるようお願いいたします。

また、この優遇措置が不用の場合は、友の会の会費と同じく、青色振込用紙を用いて研究所名の郵便口座にお振り込みいただけます。

いずれの場合も、振込用紙の通信欄にご寄付の口数をご記入ください。

随時寄付の募集

定期的でないご寄付も、随時、受け付けております。友の会の会費と同様の方法でご送金いただければ幸いです。

また、税制上の優遇措置(課税所得控除等)をご希望の方は、赤色振込用紙を用いた指定寄付扱いで上記のArchangelあるいはAngelに準じた手続きにより、所定の口座にお振り込みくださるようお願いいたします。

いずれの場合も、振込用紙の通信欄に「随時寄付」の旨をご明記ください。

なお、ArchangelあるいはAngelになられた方、随時寄付をくださった方につきましては、ご芳名または団体名をニューズ・レターに記載させていただきます。

お問い合わせ

教会音楽研究所

Rikkyo Institute of Church Music