2018/08/08 (WED)プレスリリース

8月25日 立教大学バレーボール部
第5回「バレーボール教室」@陸前高田(小学生対象)開催
—地元県立高校出身者はじめ、東北出身の選手らが参加—

キーワード:社会・地域連携

OBJECTIVE.

立教大学(東京都豊島区、総長:郭 洋春)バレーボール部は、8月25日(土)、岩手県陸前高田市の小学生バレーボールチームを対象にバレーボール教室を開催します。今年で5回目を迎えるバレーボール教室には、地元の県立高田高校出身者をはじめ、東北出身の選手を含む計43人(予定)のバレーボール部員が参加します。

立教大学バレーボール部は、24日(金)に陸前高田市に入り、奇跡の一本松など市内を見学。翌25日(土)にバレーボール教室を開催し、同市内の小学生バレーボールチームとの交流を深めます。
なお、今年6月には、スポーツ交流プログラムの一貫として、本学野球部による第7回野球教室が開催されました。

立教大学と陸前高田市は、同市の復興に向けた地域課題の解決と地域活性化の実現、発展に寄与することを目的として、2012年5月に「連携及び交流に関する協定」を締結。2017年4月には岩手大学とともに「陸前高田グローバルキャンパス」を開設しました。立教大学は、同キャンパス内にサテライトを設置し、同市民や国内外の学生・研究者、企業や行政関係者などの交流活動の拠点としての活用を進めています。今回のバレーボール教室はスポーツプログラムの一つとして、2013年より開催されています。

第5回 立教バレーボール教室@陸前高田 概要
■日 時:2018年8月25日(土)9:00~12:30
     9:00~ 9:10 開会式(挨拶、紹介、概要説明)
     9:10~12:10 バレーボール教室
     12:10~12:30 閉会式(感想・質問タイム、挨拶、記念品贈呈)
■場 所:陸前高田市立矢作小学校 体育館(〒029-2201 岩手県陸前高田市矢作町字神明前55-1)
■参加者:【立教大学】立教大学バレーボール部21名、女子バレーボール部22名
【陸前高田市】陸前高田市のバレーボールチームに所属する小学生約80名(人数はいずれも予定)
■内 容:サーブ・レシーブ・トス・スパイクなどのコーチング等、バレーボールの基礎を学び、そのほかに立教大学バレーボール部(男子・女子)の部員が模範プレーを披露するとともに、混成チームによる試合形式でバレーボールの楽しさを体感します。