2018/03/22 (THU)

香港大学生と立教大学生の交流プログラムを実施

キーワード:グローバル

OBJECTIVE.

3月6日(火)、香港大学の学生が池袋キャンパスに来校し、本学学生と英語で交流するプログラムを実施しました。

第一食堂で昼食をとりながらディスカッション

香港大学は、The Times Higher Education (THE) による「アジア大学ランキング2018」で4位と、アジアトップクラスの大学です。

今回来校した香港大学の学生22人に対し、立教生は11人が参加。本学の大学紹介の後、両大学混合の3グループに分かれ、立教生がエスコートする形でキャンパスツアーを実施しました。キャンパスツアーは天候にも恵まれ、学生同士の会話が弾みました。再び教室に戻った後は、香港大学の学生が大学紹介をし、両国の文化について意見交換を行いました。

キャンパスツアーや大学紹介で刺激を受けた学生たちは、ランチタイムにも第一食堂で昼食を囲みながら活発にディスカッション。身近な話題も楽しむ時間となりました。短時間ながらもお互いの考えを共有し、学生間の距離が縮まった貴重なプログラムとなりました。
香港大学と立教大学は、2017年度から大学間で相互派遣の海外インターンシッププログラムを実施するという新しい取り組みを行っています。2017年度は6~7月に香港大学から1人が立教大学グローバル教育センターに来日し、5週間のインターンを実施。立教大学からは8月に2人が香港大学キャリア人材開発センターに渡航し、4週間のインターンを経験しました。

今回の交流プログラムには、香港大学へのインターンシップを経験した本学の学生2名が参加。インターンシップ派遣時のみにとどまらず持続した交流の機会となっています。
香港大学との海外インターンシッププログラムは2018年度以降も継続する予定で、今後も双方の良好な関係を築いていきます。

立教大生からの大学紹介

キャンパスツアーでは立教大生が香港大生をエスコート

プログラム概要

日程:2018年3月6日(火)
場所:立教大学池袋キャンパス
参加者:香港大学の学生22人、立教大学の学生11人
主催:グローバル教育センター
協力:香港大学、リコージャパン株式会社

主なプログラム

・立教大学大学紹介、香港大学大学紹介、意見交換
・キャンパスツアー
・歓迎ランチ、ディスカッション