2017/12/01 (FRI)プレスリリース

GPSとマップが連動、キャンパス見学を快適に
立教大学 受験生向け「RIKKYOアプリ」を開発

キーワード:入試・入学

OBJECTIVE.

立教大学(東京都豊島区、総長:吉岡知哉)は、12月1日より、受験生向けの情報配信アプリ「RIKKYOアプリ」(iOS版/Android版)の提供を開始しました。

本アプリは、高校生・受験生に「大学を選択する」という体験の価値を向上させることを目的に開発しました。受験生向けの情報を発信するだけでなく、「キャンパスツアー」機能ではGPSとキャンパス施設紹介付きのマップを連動させることで、快適なキャンパス見学を実現したほか、進学相談会や説明会などの進学イベント情報を自身のカレンダーアプリに自動登録できる仕様とし、スマートフォンアプリならではの体験を提供します。

アプリ概要

(左)GPSと連動した建物紹介付きのマップで1人でもキャンパス見学が快適に (右)建物に付いたマークをタップすると、建物の歴史や機能などの説明を写真とともに見ることができる

名称:RIKKYOアプリ
主な機能
①新着情報・・・大学から受験生の皆さんへおすすめ情報を配信します。端末の通知機能を「オン」にすると、更新情報がプッシュ通知でも届きます。
②キャンパスツアー・・・本アプリのメイン機能です。現在地とキャンパスの建物情報が地図上に表示されます。建物を選択すると、施設情報が表示されるので、受験生はより便利で楽しくキャンパスを見学できます。
③イベント・・・立教大学が参加する大学説明会・進学相談会の一覧が表示されます。各イベントの右上にある「カレンダーに追加」ボタンをタップすると、利用者自身のカレンダーアプリに情報を追加することができます。
④公式サイト・・・立教大学のオフィシャルWebサイトに遷移します。
⑤INFO・・・各学部の情報や、デジタルパンフレットの閲覧ができるほか、大学案内など資料の請求が行えます。
対応端末:iOS・Android
配信開始日:2017年12月1日(金)

開発背景・目的

(左)進学相談会などのイベントを簡単に自分のスマートフォンのカレンダーアプリに登録できる (右)学年や居住地など、受験生それぞれに合った情報を効率的に受け取ることができる

本学ではオープンキャンパスの他に、キャンパスの見学に毎年6,000名以上が来校しているものの、多くの方が建物の外観見学のみに留まっており、本学のアピールポイントの一つであるキャンパス環境の良さについて伝えきれていませんでした。

リクルートマーケティングパートナーズの調査※によると、大学進学者の79%が志望校の学校見学やオープンキャンパス等のイベント参加経験があり、参加者は「キャンパスの雰囲気」や「施設・設備」への関心が非常に高いことが調査により明らかになっています。

そこで、このたび、キャンパスを見学する際に役立つ地図機能を搭載し、受験生のキャンパス見学の満足度を高めることを目的としたアプリを開発しました。端末の位置情報を「オン」にすると、地図上に現在地が表示されるため、初めてキャンパスを訪れた方でも快適に見学することができます。さらに、これまで見学に来ていた方へ伝えきれていなかったキャンパスの建物や施設の情報も地図上でご覧いただけます。

一方、大学進学者が進学先の主催イベントに参加しなかった主な理由として、「気づいた時には終わっていた」、「日時の都合が合わなかった」が挙げられており、情報過多の現代社会ではいかに適切な情報をタイムリーに届けられるかが課題になっています。

これを解決するため、本学の進学イベント情報を「プッシュ通知」機能で端末に直接届ける機能も搭載しました。受験生は、アプリにそれぞれの学年や居住地(都道府県)を設定することにより、個々にあった情報が届くようになりました。また、気になったイベント情報は手軽に自身のカレンダーアプリに登録できる仕様とし、全国各地で実施しているイベントの情報到達率を向上させることを目指します。
※リクルートマーケティングパートナーズ「高校生の進路選択に関する調査2016」

アプリの開発業者

株式会社ロケーションバリュー
本社:東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル 7階
代表取締役社長:河野 恭久

ロケーションバリュー社のウェブサイト

関連サイト

RIKKYOアプリの紹介ページ

アプリダウンロードURL(iPhone )

アプリダウンロードURL(Android )