2016/10/21 (FRI)

野球部の澤田投手、田村投手、田中選手がプロ野球ドラフト会議で指名されました

キーワード:学生の活躍

OBJECTIVE.

10月20日(木)に行われたプロ野球ドラフト会議にて、野球部の田中和基選手(法学部4年次)が東北楽天ゴールデンイーグルスから3位指名、田村伊知郎選手(コミュニティ福祉学部4年次)が埼玉西武ライオンズから6位指名、澤田圭佑選手(コミュニティ福祉学部4年次)がオリックス・バファローズから8位指名されました。

左から田中選手、田村投手、澤田投手

指名後に開かれた会見の中で、「うれしいです。やっとスタートラインに立った気持ちです。毎年いい結果を残して、長く活躍できる選手になりたい」(田中選手)、「指名していただいた西武ライオンズに感謝したいです。たくさんの方に夢を与える選手になりたい」(田村選手)、「ホッとしました。これからしっかりやっていかないといけないと気が引き締まりました。気迫を全面に出した投球をしていきたい」(澤田選手)とそれぞれ喜びと抱負を述べられました。また3人は「この3人で1軍という舞台で戦えるように頑張りたい。パリーグを引っ張っていきたい」と口を揃えました。

野球部員に囲まれて集合写真

最後に今週末の東京六大学野球秋季リーグの明治大学戦に向けて「明治は初戦と2戦目にドラフト1位、2位の投手が出てきますが、そこを倒さない限り、プロでも戦っていけないので、絶対勝って優勝したい」(田中選手)、「目の前の一勝を全力で勝ちにいく姿勢で頑張ります」(田村選手)、「1年生のころから一緒に頑張ってきた佐藤拓也が最後やってくれると思うので、彼の頑張りに負けないよう、自分がマウンドにあがったときは全力で明治に勝てるように頑張りたい」と意気込みを語ってくれました。

また、野球部のOBで菊沢竜佑選手(投手、相双リテック所属・2011年コミュニティ福祉学部卒)が東京ヤクルトスワローズから6位指名を受けました。