2016/08/02 (TUE)

立教生のオリンピックでの活躍を振り返る企画展 立教学院展示館で8月1日から開催 「世界に羽ばたくスポーツ文化-『立教』の挑戦-」

キーワード:その他

OBJECTIVE.

学校法人立教学院は、8月1日(月)より、立教生のオリンピックなどの世界レベルにおける活躍を振り返る企画展「世界に羽ばたくスポーツ文化-『立教』の挑戦-」を立教学院展示館にて開催します。10月16日(日)まで開催されます。

同展は2部構成。第1部は、戦前から戦後の立教のスポーツ、特にオリンピックや世界レベルにおける立教生の活躍を中心に紹介しています。1924年パリオリンピックにおいて、立教初のオリンピアンとなった水泳の斎藤巍洋(さいとう たかひろ)選手の写真や、1932年大学野球部のアメリカ遠征時のベーブ・ルース、ルー・ゲーリックらニューヨーク・ヤンキースナインによるサインボールなどの記念品、1936年に山岳部が日本登山史上初めてヒマラヤ遠征を実施した際の装備品、同年に開催されたベルリンオリンピックで立教生初のメダリストになった水泳の新井茂雄選手の世界記録章などを通し、立教から誕生した偉業をたどります。第2部は、立教学院のスポーツに関する近年の取り組みを写真や映像で紹介するとともに、リオオリンピック・パラリンピックに挑む立教生を紹介します。

概要

開催期間 2016年8月1日(月)~10月16日(日)
開館時間 a)8/1 ~ 9/16 【平日】10:00-17:00(土日祝日は休館)
b)9/20~10/16 【平日】10:00-18:00、【土曜】11:00-17:00(日曜、祝日は休館)
※その他、8/9(月)~18(木)、10/7(金)、10/9(日)~11(火)は休館
場所 立教大学池袋キャンパス 立教学院展示館
(東京都豊島区西池袋3-34-1 メーザーライブラリー記念館2階)
対象 立教学院の児童・生徒・学生、教職員、卒業生、保護者、一般
入場 無料
後援 公益財団法人日本オリンピック委員会
 

1924年パリオリンピックに出場した斎藤選手の肖像画

山岳部がヒマラヤ初登頂した際の堀田隊長の登山具

1964 年東京オリンピック時のポスターや日本選手団のブレザーなど