2016/06/02 (THU)

立教大学で「F-REGI払込支払い」を導入 東日本の大学では初めて各種証明書のオンライン受付を開始

キーワード:その他

OBJECTIVE.

立教大学(東京都豊島区、総長:吉岡 知哉)は、株式会社エフレジ(本社:京都市下京区、代表取締役:杉本 和彦、以下:エフレジ)が提供する「F-REGI払込支払い」を導入し、2016年6月1日(水)より東日本の大学で初めて各種証明書(卒業証明書等)のオンライン受付を開始しました。

現在、各種証明書の申し込みを受け付けている多くの大学では、窓口または申請書の郵送受付が一般的ですが、申請にかかる手間、申請書の記入ミスによる確認作業、証明書発行手数料の金額不足による事務対応など、申請者・大学側の双方にとって負担が大きく、かねてより利便性の高いサービスを要望する声が多く寄せられていました。また、証明書発行手数料の支払方法についても、国内からの申請手続きにおいては定額小為替、海外からは国際返信切手券・国際郵便為替が必要となりますが、金融機関などでの取得手配の煩雑さから支払方法の多様化も検討課題とされていました。

このたび、証明書の申込受付から発行手数料など各種料金の支払いまで、ワンストップで導入ができる「F-REGI払込支払い」を採用することで、証明書はパソコン・スマートフォン・タブレット端末などで、立教大学のWebサイトからオンライン専用受付画面にアクセスし、時間、国内外を問わずVISA、MasterCard、JCB、American Expressといった国際ブランドのクレジットカードを利用してオンライン申込が可能となります。本サービスの導入は東日本の大学では立教大学が初めてとなります。

※推奨環境はパソコンとなります。
※オンライン申込には別途所定のシステム利用料が発生します。
※本システムに標準実装されている「本人認証機能」にて、運転免許証・パスポートなどの本人確認書類をアップロードすることにより、申請にかかる紙媒体での郵送手続きが一切不要となります。

F-REGI払込支払いについて

「F-REGI払込支払い」は、インターネットを介して申込受付画面から情報管理機能さらには多様な決済手段を搭載した、決済代行会社が唯一提供するASP型トータルサービスです。
教育機関向けには、検定料・入学金・学費などのクレジットカード決済をはじめ、コンビニエンスストア、Pay-easy決済に標準対応しており、利用者の多様な決済ニーズに応えることのできる環境を提供できます。
導入検討前から運用開始後の全てをエフレジ一社でサポートしますので、国公立大学法人・学校法人の担当者には負担を感じさせることなく導入・運用・管理を実現しています。
また、教育機関側にクレジットカード情報を直接取り扱う必要がないため、クレジットカード情報漏えいのリスクを負うことなく導入することができます。