2015/03/10 (TUE)

経営学部の学生が「大学生のベースボールビジネスアワード2014」で優秀賞を受賞

キーワード:研究活動

OBJECTIVE.

経営学部国際経営学科3年次の渋谷瑞希さん、平野さつきさん、弓削綾乃さんが、「大学生のベースボールビジネスアワード2014」(主催:読売新聞社、協力:読売巨人軍)の優秀賞を受賞しました。同アワードは、プロ野球球団あるいはプロ野球界全体の集客策やブランド戦略を競うもので、2008年よりスタートしました。

渋谷さん、平野さん、弓削さんは共に、スポーツビジネスをテーマとした経営学部の授業「ワークショップ演習L」(担当:辻洋右准教授)を履修していました。演習を通じて習得した知見を生かして、渋谷さんたちは「懐かしさを五感で感じるシニア向け野球観戦旅行」というビジネスプランを立案。主に富裕層・法人顧客の獲得に向けた「高価格・高付加価値サービスの提供」を提言しました。

表彰式は2015年3月22 日(日)東京ドームグラウンドにて、読売ジャイアンツ対千葉ロッテマリーンズのオープン戦開始前に行われます(14時試合開始予定)。

コメント

COMMENT

経営学部国際経営学科3年次渋谷瑞希さん

スポーツビジネスのコンテストにしては珍しく、今回は女性3名のチームで参加させていただきました。所属ゼミやバックグラウンドも異なる私たちが、それぞれ得た経験や知識を共有しながらコンテストに臨むことができました。ご指導いただいた辻教授にはチーム一同大変感謝しております。チームメイトの2人と辻先生という素晴らしい環境で参加できたことが一番の収穫です。また、今回の結果に満足することなく、それぞれが夢に向かって努力し続けたいと思います。