2014/08/08 (FRI)プレスリリース

8/24 立教大学バレーボール部 陸前高田市の小学生を対象にバレーボール教室を開催

キーワード:社会・地域連携

OBJECTIVE.

立教大学(東京都豊島区、総長:吉岡知哉)バレーボール部は、8月24日(日)岩手県陸前高田市の小学生バレーボール6チームを対象にバレーボール教室を開催します。

立教大学と陸前高田市は、陸前高田市の復興に向けた地域課題の解決と地域活性化の実現、発展に寄与することを目的として、2012年5月23日「連携及び交流に関する協定」を締結しました。本協定に基づく具体的な取り組みの一つに、立教大学体育会所属の学生と陸前高田市の子どもたちとのスポーツ交流プログラムがありますが、今回のバレーボール教室は昨年に引き続き2回目の開催となります。

なお、今年7月には、スポーツ交流プログラムの一貫として、本学野球部による第3回野球教室が開催されました。

 日時 2014年8 月24日(日)9:00~12:30 9:00~
9:10 開会式(挨拶、紹介、概要説明)
9:10~12:10 バレーボール教室
12:10~12:30 閉会式(感想・質問タイム、挨拶、記念品贈呈)
 場所 陸前高田市立矢作小学校 体育館(旧下矢作小学校 体育館)
 参加者 【立教大学】立教大学バレーボール部(男子)11名、女子バレーボール部20名
【陸前高田市】下矢作VBSS、竹駒VBSS、気仙バレーボールスポーツ少年団、 米崎フェニックス、広田ブルードルフィンズ、高田VBC 約60名
 内容 立教大学バレーボール部(男子・女子)の部員と一緒に、体作り運動やボールを使ったウォ ーミングアップ、
パス・サーブ・スパイクの練習、ゲームを楽しみます。