2014/08/08 (FRI)

異文化コミュニケーション学部が豊島区との連携による「English Camp」を開催

キーワード:社会・地域連携

OBJECTIVE.

8月6日(水)、異文化コミュニケーション学部が、豊島区との新たな地域連携プログラムとして「English Camp」を開催しました。

異文化コミュニケーション学部では、2013年度から豊島区との地域連携活動を開始し、その最初の取り組みとして、2013年10月より豊島区に居住・通勤・通学する外国人を対象に「立教日本語教室」を開講。今年度は、新たに英語教育に関連するプログラムとして、豊島区内の中学校生徒を対象とした「EnglishCamp」を開催する予定です。今回のCampは、その本格実施に先立つプレプログラムとして、豊島区と能代市の教育交流に協力するかたちで行われました。

当日は、豊島区内の中学生と、秋田県能代市の中学生が参加。異文化コミュニケーション学部の日本人学生と留学生がリーダーを務め、中学生たちは英語による自己紹介や留学生へのインタビューを実施しました。最後にはグループ対抗のゲームを行うことで、英語を楽しむとともに異文化理解を深めました。