2014/07/29 (TUE)

陸上競技部の出水田眞紀さんが世界ジュニア陸上 女子5000mで6位入賞

キーワード:学生の活躍

OBJECTIVE.

7月23日(水)アメリカオレゴン州ユージンで開催された第15回世界ジュニア陸上競技選手権大会 女子5000mで、陸上競技部の出水田眞紀さん(コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科1年次)が15分55秒26の記録で6位入賞を果たしました。

コメント

COMMENT

コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科1年次出水田眞紀さん

試合前はとても緊張していて、不安な気持ちになっていましたが、最低限の目標であった入賞ができました。しかし、タイムには全く満足できていませんし、前にいたケニアとウガンダの選手も抜けなかったので、反省点も多くあります。もう少し自分でレースを作れていれば、4位、5位になるチャンスもありました。

思ったより1000mの通過できつく感じてしまい、焦りもありました。日本にいるときは調子が良かったですが、アメリカに入ってからあまり調子が上がらず、体もふわふわと浮いているような感じがしていました。海外でいつも通りに体調を作っていけるような精神的にも強い選手にならなければいけません。

まだまだ世界で戦うには力不足ですが、リオデジャネイロ、東京オリンピックを目指して練習に励みたいと思います。今回5000mで日本代表として選出していただき、チャンスを与えてくださった日本陸連の方々には心から感謝しています。そして、日本から応援してくれていた仲間の支えがあってこその結果でした。これからも感謝の気持ちを忘れずに競技に取り組んでいきます。