2014/06/30 (MON)

東日本大震災で被災した2015年度立教大学入学志願者の方へ 2015年度入学試験における特別措置のお知らせ —東日本大震災にかかる経済的支援—

キーワード:入試・入学

OBJECTIVE.

東日本大震災で被災された方々、今なお避難生活を強いられている多くの方々に心からお見舞いを申し上げます。

立教大学は、2015年度においても、東日本大震災で被災された立教大学への入学志願者に対して、経済的な面から支援するため、次の措置を行うことを決定しました。

1. 2015年度入学試験における選考料免除
(合否にかかわらずすべての入学試験の受験生が対象、被災の程度により免除)
2. 2015年度入学金の免除(返還)
(2015年度入学者のうち被災の程度により免除[返還])
これらの措置の概要については、以下をご覧ください。

1. 2015年度入学試験における選考料免除措置について

《対象となる入学試験》
本学の学部および大学院が実施するすべての2015年度入学試験において選考料の免除措置が適用されます。
《対象となる方》
本学の学部および大学院が実施する2015年度入学試験に出願する受験生のうち、平成23(2011)年に発生した東日本大震災にかかる災害救助法適用地域または福島第一原子力発電所事故に伴う避難指示区域において被災し、次の(a)・(b)いずれかに該当する方。

(a)居住する家屋が全壊、大規模半壊、半壊した方
(b)居住地が福島第一原子力発電所事故により、避難指示区域の指定を受けた方
《申請方法》
選考料免除措置を希望する受験生は、出願する入学試験の出願期間締切日まで(必着)に、出願書類とともに以下の提出書類①・②を同封して出願してください。出願期間締切日までに書類を提出できる場合は、選考料を納入する必要はありません。出願期間締切日までに選考料免除措置申請に必要な書類を提出できない場合は、出願期間中に選考料の振り込みを含む所定の出願手続を完了させた後、選考料の返還を申請してください。すでに選考料を納入済みの場合も、対象者は選考料の返還を申請することができます。
《提出書類》
①「2015年度入学試験選考料免除措置申請書」(本学所定用紙、HPよりダウンロード可)
②市区町村発行の「罹災証明書」(コピー可)
※居住する家屋の罹災状況の区分(全壊、大規模半壊、半壊)が明記された罹災証明書、もしくは、居住地が避難指示区域内にあり、福島第一原子力発電所事故により被災したことを証明する書類。
※2015年度入学試験選考料免除措置の詳細については、以下をご覧ください。

2. 2015年度入学金の免除(返還)措置について

《対象となる方》
2015年度入学者(学部・大学院)のうち、保証人または学費負担者が、平成23(2011)年に発生した東日本大震災にかかる災害救助法適用地域または福島原子力発電所事故に伴う避難指示区域において被災し、次の(a)・(b)いずれかに該当する方。

(a)居住する家屋が全壊、大規模半壊、半壊した方
(b)居住地が福島第一原子力発電所事故により、避難指示区域の指定を受けた方
《申請方法・提出書類》
2015年度入学手続を完了した方の入学金全額を免除(返還)します。申請方法、提出書類については、合格者の方に入学手続書類送付時にご案内します。

お問い合わせ

立教大学入学センター

TEL: 03-3985-3293