国際経営学専攻経営学研究科/池袋キャンパス

OBJECTIVE.

国際社会でリーダーシップを発揮できる能力を備える

2011年4月に開設された国際経営学専攻国際経営学コース(MIB)では、国際経営分野の高度な専門性、グローバルな視野と能力、リーダーシップ力を備えた人材の育成をめざしています。ビジネスプロポーザルの立案を通して、各経営分野を総合的に学びます。また、2016年9月より国際経営学専攻公共経営学コース(MPMA)が開設されました。こちらのコースは高度専門職業人を養成するカリキュラムを用意しており、公共経営学に関する幅広い科目を展開しています。また、修士論文を作成することにより公共経営学に関する専門性を身に着けることができます。

専攻のポイント

  • 全科目を英語で開講

    全科目を英語で開講している点が大きな特長です。MIBでは、アジアにおける企業戦略の今後の課題と展望を探る科目などを、MPMAでは、統計学や数学、公共経営学などの基礎科目から応用科目までを設置し、全て英語で学ぶことができます。

  • ダブルディグリープログラムの導入 (MIB)

    ダブルディグリープログラムを導入し、2年間で本学の国際経営学修士と海外の提携校の経営学修士を同時に取得することが可能です。

  • ケースメソッド教授法の実践(MIB)

    少人数教育のもと、海外からの留学生とともに徹底したディスカッションを実現するとともにケースメソッド教授法を徹底的に導入しています。

  • 修士論文の執筆(MPMA)

    MPMAでは修士論文の提出が卒業要件の一つとなっています。指導教官の丁寧な指導のもと、研究課題の選定、データ収集、データ分析、論文執筆を行います。

国際経営学専攻専任教員/研究テーマ *印の教員は、経営学専攻博士課程後期課程の研究指導は担当しません。

  • Davis, Scott T. 教授

    主要研究テーマ:CSR時代におけるビジネス・モデル

    教員紹介

    CSR時代におけるビジネス・モデルを研究テーマとする。社会的に責任のある企業経営における透明性とイノベーションの管理を中心テーマとして、ステイクホルダー・リレーションズと高付加価値戦略、リーダーシップと人材の活性化戦略などの問題を分析する。

  • 松本 茂 教授

    主要研究テーマ:コミュニケーション教育学、議論学

    教員紹介

    専門分野はコミュニケーション教育学、議論学。主な研究テーマは「教育施策に関してのコミュニケーション教育学的考察」「企業内人材育成研修の在り方」など。文部科学省(英語教育、SGHなど)や経済産業省(グローバル人材育成)の各種会議の委員・協力者として、施策立案にも関わっている。学部・大学院では、「企業のコミュニケーション戦略」をテーマとした講義・演習を担当している。

  • 尾﨑 俊哉 教授

    主要研究テーマ:国際経営環境の分析、企業国際化をめぐる理論と応用

    教員紹介

    国際経営環境の分析および企業国際化をめぐる理論と応用を研究テーマとする。国際経営環境分析では、経済学、政治学や社会学を含む学際的な比較制度研究をもとに、グローバル企業が直面する経営環境へのシステマティックなアプローチを試みる。企業国際化の研究では、市場と組織および制度をめぐる理論的な考察をもとに、米国、欧州、アジアを中心とした各国における企業の国際展開の具体的な事例を分析する。

  • 白石 典義 教授(2017年度退職予定)

    主要研究テーマ:計量経済学、時系列分析とその応用

    教員紹介

    計量経済学、時系列分析とその応用が研究テーマである。特に、株式投資収益率や為替レートといった金融データの変動(ボラティリティ)を、その非線型性や長期依存性に注目してモデル化することに力を入れている。また、金融データの予測、市場のアノマリー現象の検証、投資信託の運用実績に関する実証などを研究テーマとしている。

  • 竹澤 伸哉 教授

    主要研究テーマ:ファイナンス

    教員紹介

    専門はファイナンスである。国際企業財務を専門とし、特に為替リスク管理に関心をもつ。ファイナンスにおける実証分析・計量分析を幅広く行い、最近は、スポーツファイナンス及び、リアルオプションの応用・事例研究に従事している。

  • 辻 洋右 准教授

    主要研究テーマ:スポーツマーケティング

    教員紹介

    専門分野はスポーツマーケティング。特に、企業のスポーツスポンサーシップ活動の効果を消費者行動論の見地より研究している。また、スポーツイベントのマーケティング戦略やスポーツ・ツーリズムにも関心を持っている。

  • Schules, Douglas 准教授

    主要研究テーマ:メディア研究(メディアエコロジー)、クリエイティブ産業(アニメ、ゲーム)、大衆文化とファン文化(アニメ、ゲーム)

    教員紹介

    専門は、コミュニケーション学(メディアスタディ)。新しいメディア媒体とグローバル化に関する双方向性や関わり合い、ネットワーキングが主な研究テーマ。ビデオゲームとアニメに見られる重複についての執筆が多いが、近年は知的財産についても研究を進めている。

  • 岡本 紀明 准教授

    主要研究テーマ:財務会計、国際会計

    教員紹介

    財務会計及び国際会計領域を専門とする。特に会計における社会的・政治的・倫理的側面に関心を抱き、社会学や政治学及び哲学等における知見を学際的に援用した会計研究を進めている。これまで取り上げてきた対象は、公正価値会計や会計制度のグローバリゼーション、企業によるアーニングス・マネジメント等である。また、財務会計における客観性はいかに確保(構築)されるのかという根本的問題にも興味を持っている。

  • Thompson, Gene 准教授

    主要研究テーマ:自己効力感, リンガフランカとしての英語, TESOL(応用言語学, 教育心理学)

    教員紹介

    専門分野は、応用言語学、教育心理学 。主な研究テーマは「ビジネス及びビジネス学習時における英語使用の自己効力感、グローバル企業で働く人向けのリンガフランカとしての英語、経営学プログラムにおけるコンテンツ統合言語学習」。

  • 西原 文乃 助教*

    主要研究テーマ:知識創造経営、ソーシャル・イノベーション

    教員紹介

    知識創造経営とソーシャル・イノベーションを研究テーマとする。知識創造経営では、組織における暗黙知と形式知の相互変換による知識創造のプロセスに注目し、組織的な価値創造やイノベーションと、それを駆動するリーダーシップについて事例研究を行う。ソーシャル・イノベーションでは、社会課題の解決や社会的価値の共創のプロセスについて、社会関係資本や知識創造の見地から事例研究を行う。

  • Fowler, Randy 助教*

    主要研究テーマ:国際戦略管理、戦略的な意思決定、プロセス

    教員紹介

    国際戦略管理、戦略的な意思決定、プロセス、および計画の文化と効果の分野で研究を行っている。各文化圏においてのベストプラクティスに加え、戦略的計画と適応のプロセス、またコンテキストの重要性を確認することに、焦点を当てている。東南アジアにおけるビジネスの実践および経営学理論を研究している。

  • 秋田 隆裕 特任教授*

    主要研究テーマ:開発途上国の経済発展と貧困・所得格差の計量分析

    教員紹介

    開発途上国における経済発展とその要因分析が主な研究テーマである。特に、急速な経済発展と相互依存関係が進んでいるアジアの開発途上国に焦点を当て、経済成長、貧困、所得格差の関連性について様々な計量分析手法を用いて分析を行っている。また、地方分権化を積極的に進めているアセアン諸国における地方分権化と地域間格差の分析も行っている。

  • 片岡 光彦 特任教授*

    主要研究テーマ:開発経済学、地域経済学

    教員紹介

    戦後日本やインドネシアなど東南アジア開発途上国を対象に、経済成長・地域の要素賦存量・地域間格差をテーマに実証研究を行っている。最近は、インドネシアの地域間要素不均衡が経済成長や地域格差に与える影響について、物的資本の地域間スピルオーバー効果、人的資本の地域賦存量、地域経済の投入・産出効率性の3点に着目し、地域パネル・データを用いた実証分析を行っている。

  • 山田 恭平 特任准教授*

    主要研究テーマ:中央地方関係、日本政治

    教員紹介

    中央地方関係と日本政治が研究テーマである。定量的手法を用いた実証研究を行うことに主眼を置いており、これまで、自治体合併が行政サービスや政治競争に与えた影響を分析した論文や、国が自治体合併を推進した原因を考察した論文を執筆している。また、最近は主にアジア各国政府から派遣されている修士課程学生との共同研究を通じて、開発途上国の政策課題についての実証研究も行っている。

関連情報

The College of Business at Rikkyo University offers a full time, two year Master of International Business (MIB) degree program designed to develop the ability to conceptualize, plan & implement business in a diverse and intercultural context. The degree has been established in response to industry demand for highly qualified, bilingual graduates with wide ranging international experience and the ability to conceptualize complex business problems. The MIB program has been designed to train both students with limited prior professional experience but strong leadership potential, and those who have experience but want to expand their understanding of theoretical and conceptual issues in global business. This is one of the few programs of its kind in Japan. All courses are taught in English, preparing graduates to achieve their goals and boost their careers in the global market.

The College of Business also offers a two-year program whose primary focus is public management. This new program – the Master of Public Management and Administration (MPMA) Course – was launched in September 2016 and is designed to develop the capacity of the students to formulate, manage, and evaluate policies and programs. Students in the MPMA Course are expected to take courses in Public Management, Economics, and Business in order to build strong theoretical and methodological foundations. In addition, each student is required to complete a master’s thesis, an independent research project in which the student examines a focused research question under the close supervision of faculty members. The primary target of the MPMA Course is mid-career public officers. However, we also welcome students who have no prior experience in the public sector but would like to pursue careers in the government or international organizations in the future, as well as students who seek to advance to PhD programs in Public Management or Economics.