経営学専攻経営学研究科

OBJECTIVE.

グローバル時代に向けた専門知識とリーダーシップを身につける

マネジメント、マーケティング、アカウンティング&ファイナンスの3つの分野を中心に、グローバル時代にふさわしい専門知識を身につけ、世界を舞台にリーダーシップを発揮できる人材を育成します。

専攻のポイント

  • 博士課程前期課程

    博士課程前期課程には、研究者養成のためのアカデミック・コースと高度職業人養成のためのプロフェッショナル・コースの2コースがあります。専門はマネジメント、マーケティング、アカウンティング&ファイナンスの3つの分野に分かれ、各分野において、前期課程にふさわしい高度な能力・知識の習得をめざします。また、経営学専攻で開講される授業のほか、各人の英語力と希望に応じて英語で展開する国際経営学専攻の専門科目を履修することもできます。修了に際しては、修士論文かビジネス・ケースのいずれかを選択でき、正副2人の指導教授のきめ細かい指導を受けることができます。

  • 博士課程後期課程

    博士課程後期課程では、一人の大学院生に正副2人の指導教授がついて徹底した個別指導を行います。この教育制度によって、最先端の専門知識と幅広い経営知識をもった優秀な研究者として独り立ちできる人材を育成します。

Pick
up

高度な能力・知識を習得する3つの専門分野

①マネジメント分野では、人や社会と調和のとれた組織マネジメントを考える上で必要な科目を提供しています。具体的には、経営管理論、経営組織論、組織行動論、社会組織論、企業倫理論、経営戦略論、技術戦略論などの科目を提供しています。
②マーケティング分野では、市場と競争に関わる研究を進める上で必要とされる科目を提供しています。具体的にはマーケティング戦略、流通システム、統計分析などの科目群です。講義科目を通じてマーケティング研究に必要とされる調査、分析方法、戦略的発想法などを身につけます。
③アカウンティング&ファイナンス分野では、企業経営における財務および会計上の専門的な能力・知識を習得するために必要な科目を提供しています。具体的には、財務会計論、コーポレートファイナンス、管理会計論などの科目を提供しています。

前期課程の2コース体制

①アカデミック・コースは、博士学位の取得をめざすコースです。優れた研究者になるために必要となる基礎的な能力を、前期課程で徹底的に鍛えます。前期課程修了後、そのまま後期課程に進学することを前提にカリキュラムが組まれていますが、前期課程だけで修了することも可能です。
②プロフェッショナル・コースは、前期課程修了後、企業、行政機関、NPO・NGOなどにおいて、自分の専門を生かした高度職業人としてキャリアを築くことができる人材を育成するコースです。専門的な知識を身につけるだけでなく、その知識を実務にも応用できる力を養います。アカデミックなアプローチによる修士論文の作成ではなく、より実務に近いビジネス・ケースを執筆することで修士学位を取得することも可能です。

経営学専攻専任教員/研究テーマ *印の教員は、研究指導は担当しません。

  • 秋野 晶二 教授

    主要研究テーマ:生産システム、セル生産方式、EMS、イノベーション、日本的生産システム、情報ネットワーク化

    教員紹介

    技術、生産と企業経営を研究テーマとする。これまで、マイクロエレクトロニクス技術と企業経営、日本的生産システム、情報ネットワーク化と企業経営、日本企業の海外進出と生産システムの変化、EMS、現代の巨大企業における生産体制などについて、その歴史と実態をふまえて、調査・研究してきた。現在は、エレクトロニクス産業における生産のアウトソーシングとEMS産業の歴史的位置づけ、およびアップル社の生産体制の歴史的な発展の解明を通じて、現代生産さん体制の歴史的位置について研究している。

  • 有馬 賢治 教授

    主要研究テーマ:マーケティング、消費者の諸活動、顧客満足

    教員紹介

    マーケティングの管理・戦略に関する理論研究を中心課題としている。既存の研究潮流に見られる物財中心の理論枠組みに対して、サービス財の特性を加味した管理方法や戦略の立案方法の論理的フレームワークの構築をめざしている。また、顧客満足の具体的な実施方法としての満足保証政策や顧客管理の理念に配慮したマーケティングコンセプトなどについても講義等では取り上げていく。

  • 石川 淳 教授

    主要研究テーマ:組織行動論、人材マネジメント論、リーダーシップ論

    教員紹介

    組織における人間の心理・行動に焦点を当て、人にも組織にも幸せをもたらすマネジメントを明らかにしようとしている。具体的には、リーダーシップやコミュニケーション、モチベーションなどが、創造的成果やイノベーションとどのように関係しているのか、また、個人の満足度やストレスにどのように関係しているのかについて研究している。この他に、賃金制度に代表される報酬・評価マネジメントについても関心をもっており、個人のモチベーションや満足度に加えて、企業業績との関係についても分析を行っている。

  • 松井 泰則 教授

    主要研究テーマ:国際会計、多国籍企業、国際財務報告基準

    教員紹介

    国際財務会計を中心とした国際会計領域を研究対象とする。主な内容は、①各国会計基準・各国会計制度研究、②国際的統一会計基準としての国際財務報告基準研究、③多国籍企業会計にまつわる各種テーマ研究(例:連結会計や外貨換算会計など)に分けられる。会計の技術的な側面にのみとらわれることなく歴史的、制度的、さらには学際的な視点から国際会計を究明していきたい。

  • 佐々木 宏 教授

    主要研究テーマ:マーケティング・リサーチ、ビッグデータ

    教員紹介

    経営情報論を専門とし、eマーケティング、マーケティング・リサーチ、IT経営、eビジネス、ITイノベーション、情報サービス産業、Web社会など、「情報」をキーワードに事業戦略、マネジメント・システム、組織間関係、社会構造などに関する広範囲な現象を研究対象にしている。

  • 鈴木 秀一 教授

    主要研究テーマ:組織理論、経営学説、経営戦略論

    教員紹介

    経営組織論を専門とし「経営戦略と組織構造」を研究している。経営戦略論の中では資源ベース論(RBV)に関心があり、 RBVと組織理論との接点を、特に日本企業の製造業を対象に研究している。具体的なテーマは、自動車産業と電機産業におけるイノベーション、経営者の官僚制化、階層的な意思決定プロセス、組織のルーティンの進化、ダイナミック・ケイパビリティ、企業文化の国際比較などに関心がある。

  • 山口 和範 教授

    主要研究テーマ:統計ソフトウェア、頑健な統計的推測

    教員紹介

    データ分析のための統計解析手法の開発や評価を主な研究テーマとしている。また、最近の統計解析には統計ソフトウェアが必須となっているが、統計ソフトウェアの比較研究や統計計算アルゴリズムの研究も行っている。

  • 保科 悦久 特任准教授*

    主要研究テーマ:管理会計、中小企業経営

    教員紹介

    管理会計及び中小企業経営を主たる研究分野とする。管理会計分野では、製造業の技術力がその企業業績にどのように影響するのか、また中小企業経営分野では、中小企業の資金調達形態と金融機関の対応がどのように変化しているのかを研究テーマとしている。