公開講演会 Understanding Social Cohesion in Western Countries「ヨーロッパにおける社会的結束性の理解」

INFORMATION

  • 2017年11月16日(木)18:30~20:00
  • 池袋キャンパス 14号館3階 D301教室

社会学の研究は、理論的にも政治的レトリックにも傑出しているが、社会的結束性については、経験的な研究がほとんど行われていない。特に国家間の比較調査などは、極めて稀である。本研究は、これらの隙間を埋めることを目指している。ヨーロッパで実施した比較調査の結果をもとに社会的結束性をどう解釈するかについて説明する。

Otto von Guericke University, Magdeburg
Professor Jan Delhey,

JAN DELHEY氏は、オットー・フォン・ゲーリケ大学の教授でマクロ社会学を専門としている。ドイツ社会学会の役員であり、国際ライフ・クオリティ研究の役員も兼ねている。
【近年の著書等】
Jan Delhey, Christian Schneickert & Leonie C. Steckermeier (2017): Sociocultural Inequalities and Status Anxiety. Re-Directing the Spirit Level Theory. International Journal of Comparative Sociology, 58: 215-240.
Georgi Dragolov, Zsofia Ignaz, Jan Lorenz, Jan Delhey, Klaus Boehnke (2016): Social Cohesion in the Western World. What Holds Societies Together: Insights from the Social Cohesion Radar. (Springer Briefs in Well-Being and Quality of Life Research). Springer-Verlag, Heidelberg & New York.
Jan Delhey & Leonie C. Steckermeier (2016): The Good Life, Affluence, and Self-reported Happiness.Introducing the Good Life Index and Debunking Two Popular Myths. World Development, 88: 50-66.
Jan Delhey & Georgi Dragolov (2016): Happier Together. Social Cohesion and Subjective Well-Being in Europe. International Journal of Psychology, 51: 163–176. 他

詳細情報

名称

公開講演会 Understanding Social Cohesion in Western Countries「ヨーロッパにおける社会的結束性の理解」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

社会学部

お問い合わせ

社会学部 水上研究室

イベントレポート