第72回ジェンダーセッション「著者と語り合う! 『文科省/高校「妊活」教材の嘘』を読む」

INFORMATION

  • 2017年11月13日(月)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス 11号館2階 A203教室

2015年、文部科学省が改訂した高校保健体育の副教材「健康な生活を送るために」には、生徒たちを若い年齢での結婚、妊娠、出産に追い立てる記述がちりばめられ、改ざんされたグラフまで載っていました。この教材に疑念を抱いた女性学などの研究者らが、データの原典に当たるなど内容を点検し、政府に対策を申し入れた経緯をまとめた『文科省/高校『妊活』教材の嘘』(論創社)が今年の5月に出版されました。編著者である西山千恵子さん、柘植あづみさんを講師にお招きし、少子化への危機感を背景に学会の協力のもと文科省が作成した「早期妊娠・出産の勧め」の問題点をさまざまな角度から検討します。

講師

青山学院大学・慶應義塾大学ほか非常勤講師
西山 千恵子 氏

お茶の水女子大学大学院修士課程修了。共編著書に『首長たちの挑戦——女が政治を変える』(世織書房、2016年)、共著書に『ビデオで女性学』(有斐閣、1999年)など。

明治学院大学社会学部教授
柘植 あづみ 氏

お茶の水女子大学大学院博士後期課程単位取得退学、博士(学術)。主な著書に『生殖技術—不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか』(みすず書房、2012年)、『妊娠を考える—<からだ>をめぐるポリティクス』(NTT出版、2010年)ほか。

詳細情報

名称

第72回ジェンダーセッション「著者と語り合う! 『文科省/高校「妊活」教材の嘘』を読む」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

ジェンダーフォーラム

備考

本ジェンダーセッションのチラシ

お問い合わせ

イベントレポート