第17回 国際理論心理学会カンファレンス(The 17th Biennial Conference of The International Society of Theoretical Psychology)

INFORMATION

  • 2017年8月21日(月)~8月25日(金)全日程 8:30~18:00
  • 池袋キャンパス
    本館1階 1101~1104教室、2階 1202、1203教室
    11号館 1階ロビー、地下1階 AB01 、2階 A203、3階 A301~A303教室
    マキムホール(15号館)3階 M301、 M302教室

「理論化のエートス」というテーマのもと、心理学の諸理論の背後にある倫理的・規範的側面について、基調講演、招待シンポジウム、研究発表、全体討議などを交えて議論を深める。

詳細情報

名称

第17回 国際理論心理学会カンファレンス(The 17th Biennial Conference of The International Society of Theoretical Psychology)

内容

「理論化のエートス」というテーマのもと、心理学の諸理論の背後にある倫理的・規範的側面について、基調講演、招待シンポジウム、研究発表、全体討議などを交えて議論を深める。
※使用言語:英語(一部の講演と質疑応答のみ通訳あり)

《招待講演者》
Marie-Cécile Bertau 氏(University of West Georgia,USA)
Piet Hut 氏(Institute for Advance Study,USA)
Darren Langdridge 氏(Open University,UK)
岡田 美智男 氏(豊橋技術科学大学)
向谷地 生良 氏(北海道医療大学)
高砂 美樹 氏(東京国際大学)
山田 ようこ 氏(立命館大学)

※一般発表者:約250名

対象者

本学大学院生、教職員、一般登録参加者

申し込み

※事前登録要(締切:7月14日)

【参加料】
通常登録参加料:会員(ISTP members)38,000円、非会員43,000円、学生院生18,000円
1日参加料(立教関係者、日本人のための特別措置):13,000円(ただし聴講のみ、発表者は通常登録参加料を支払うこと)

主催

国際理論心理学会(The International Society for Theoretical Psychology)

共催

文学部

備考

【基調講演者、招待シンポジスト略歴】
Marie-Cécile Bertau 氏
University of West Georgia 准教授。専門は臨床心理学、理論心理学。対話心理療法の理論化で優れた仕事がある。著書にSprachspiel Metapher: Denkweisen und kommunikative Funktion einer rhetorischen Figur, VS Verlag für
Sozialwissenschaften, 1996., Anreden, Erwidern, Verstehen: Elemente einer Psycholinguistik der Alterität, Lehmanns Media GmbH, 2011などがある。

Piet Hut 氏
Institute for advanced study 教授。専門はコンピューターサイエンス、宇宙物理学、認知心理学、哲学と多岐にわたる。著書にThe Gravitational Million-Body Problem. Cambridge University Press, 2003, "A Strategy for Origins of Life
Research ", Astrobiology 15, pp 1031-1042 2015など多数。

Darren Langdridge 氏
The Open University 教授。専門は心理学、現象学的心理学、セクシャリティ問題。著書にSex-Sexuality-Citizenship: Beyond the Boundaries of Belonging, Oxford University 2013.,Introduction to Research Methods and Data Analysis in
Psychology, 2nd Edition, Sage, 2009., Phenomenological Psychology: Theory,Research and Method, Peason Education, 2007などがある。

岡田 美智男 氏
豊橋技術科学大学教授。専門は社会的ロボティクス、関係論的なロボティクス。主な著書に『弱いロボット』(医学書院, 2012)、『ロボットの悲しみ - コミュニケーションをめぐる人とロボットの生態学』(新曜社, 2014)がある。

向谷地 生良 氏
北海道医療大学教授、社会福祉法人浦河べてるの家理事。当事者研究の第一人者として、『「べてるの家」から吹く風』(いのちのことば社 2006年)、『安心して絶望できる人生』(NHK出版 2006年)、『精神障害と教会』(いのちのことば社
2015年)など多数の著作を発表している。

高砂 美樹 氏
東京国際大学教授。専門は実験心理学、心理学史、神経科学史。著作にThe Fukurai affair: Parapsychology and the history of psychology in Japan,History of the Human Sciences , 25(2) 149-164 2012. 『心理学史はじめの一
歩』(アルテ, 2011)、『生理学的心理学の歴史』(北王路書房, 2001)などがある。

山田 ようこ 氏
立命館大学教授、京都大学名誉教授。専門は生涯発達心理学、ナラティブ心理学。著書に『ことばの前のことば ことばが生まれるすじみち1』(新曜社, 1987)、『私をつつむ母なるもの イメージ画にみる日本文化の心理』(有斐閣, 1988)、
『やまだようこ著作集』(新曜社, 2007)など多数ある。

お問い合わせ

学部事務1課(教育学科担当)

学会参加に関するお問い合わせはこちらから

イベントレポート