立教学院展示館第3回企画展/ポール・ラッシュ生誕120年企画『わが人生、日本の青年に捧ぐ-知られざるポール・ラッシュ物語-』

INFORMATION

  • 2017年8月1日(火)~2018年2月20日(火)
  • 立教学院展示館
    (池袋キャンパス内、メーザーライブラリ記念館旧館2階)

立教学院展示館では、ポール・ラッシュ生誕120年を記念し、第三回企画展「わが人生、日本の青年に捧ぐ —知られざるポール・ラッシュ物語—」を開催します。

ポール・ラッシュは1926(大正15)年に立教大学教授に着任し、多くの若者を導きました。アメリカンフットボールを日本に紹介した人物でもあり、「日本のアメリカンフットボールの父」としても親しまれています。1942(昭和17)年に対米開戦のため、米国に強制送還されたラッシュは、1945(昭和20)年にGHQの一員として再来日します。立教学院の再建に尽力したほか、戦後の食糧難を打開するため、山梨県・清里を開拓し、「清里農村センター」(現・キープ協会)を作りました。その活動と精神は現在まで引き継がれています。
ポール・ラッシュの多様な活動の根底には、常に「日本の青年たちのために」という想いがありました。
本企画展では、その想いと足跡を「立教大学教授」「アメリカンフットボールの父」「米国陸軍・GHQ将校」「清里の父」という4つの側面から紐解いていきます。

詳細情報

名称

立教学院展示館第3回企画展/ポール・ラッシュ生誕120年企画『わが人生、日本の青年に捧ぐ-知られざるポール・ラッシュ物語-』

対象者

立教学院(小中高大)の児童・生徒・学生、教職員、卒業生、保護者、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

学校法人立教学院、清泉寮/公益財団法人キープ協会

後援

日本聖徒アンデレ同胞会

協賛

立教大学体育会アメリカンフットボール部OB・OG会

備考

【開館時間】
8/1~9/19:平日10:00~17:00(8/5のみ11:00~17:00)
9/20~2/20: 平日10:00~18:00、土曜日11:00~17:00
※8/1~9/19の期間は、8/5を除いて土曜日は休館日となります。詳しい日程は以下サイトでご確認ください。

イベントレポート